うつ病と旅する:よりよい旅のための12のヒント

何ヶ月も前から休暇を楽しみにしていたのに、旅行が始まって数日経つと、疲れて元気がなく、外に出て探索する気力もない自分に気づきます。 何もしたくない、誰とも関わりたくない、ベッドから出るだけで精一杯という状態です。 うつ病で旅行している人にとって、このシナリオは不快に思えるほど身近に感じられるかもしれません。

うつ病は最も一般的な精神疾患の1つであり、世界保健機関(WHO)によると、世界中で3億人以上の人が影響を受けています。 この中には、多くの旅行者が含まれています。 「精神衛生上の問題は、旅行者の体調不良の主な原因の一つであり、「精神医学的緊急事態」は、怪我や心臓血管疾患と並んで、航空避難の最も一般的な医療理由の一つです」

うつ病に悩んでいる場合、必ずしも旅行に行けないわけではありませんが、旅行をスムーズに進めるために、少し余分に気を使い準備することが必要かもしれません。

うつ病で旅行する前に、正直に自分を評価する

飛行機を予約する前に、本当に家を出る準備ができているのかどうか、把握しておきましょう。 「あなたのうつ病が十分にコントロールされていることを確認してください」と、TravelReadyMDのサラ・コール博士はアドバイスしています。 「一般的に、これは過去 3 ヶ月以内に薬を変更または再燃していないことを意味します”。 うつ病のために医師やセラピストに会っている場合、彼または彼女は旅行のためのあなたの適性を評価するのを助けることができます。

コメントする