おたふくかぜの予防接種

おたふくかぜは、ウイルスによって起こる伝染性の病気です。 おたふくかぜは通常、発熱、頭痛、筋肉痛、倦怠感、食欲不振で始まります。 そして、ほとんどの人は唾液腺の腫れ(耳の前と下にある耳下腺が腫れることを耳下腺炎と呼ぶことが多い)が出てきます。

おたふくかぜは、MMRワクチンで予防することができます。 これは、はしか、おたふくかぜ、風疹の3つの病気から守ってくれます。 CDCは、子どもたちが12~15ヶ月齢で1回目、4~6歳齢で2回目のMMRワクチンの接種を受けることを推奨しています。

MMRワクチンは非常に安全で効果的です。 MMRワクチンのおたふくかぜの成分は、2回接種した場合、約88%(範囲:32~95%)の効果があり、1回接種では約78%(範囲:49~92%)の効果があります。

子どもたちは、はしか、おたふくかぜ、風疹、水痘(みずぼうそう)から守るMMRVワクチンも接種することができます。

米国で1967年におたふくかぜの予防接種が開始されるまでは、おたふくかぜは小児の万病の一つでした。 ワクチン接種前の時代から、米国ではおたふくかぜの患者が99%以上減少しています。 おたふくかぜの流行は、ワクチン接種の進んだ米国の地域社会、特に大学や親密なコミュニティなど、人々が密接かつ長期間にわたって接触する環境では、依然として発生する可能性があります。 しかし、ワクチン接種率が高いため、おたふくかぜの発生規模、期間、広がりを抑えることができます。 流行が発生した場合、公衆衛生当局は、おたふくかぜのリスクが高い人々に対して、この病気に対する防御力を高めるために、MMRまたはMMRVワクチンの3回目の接種を推奨する場合があります

コメントする