カルデアカトリック教会

カルデアカトリック教会は、イラク、イラン、レバノンで普及している東方正教会で、1830年からローマカトリック教会と統合し、1551年から断続的に統合しています

イラクとイランのキリスト教は2世紀末から始まっています。

東方教会は5世紀にネストリウス派を受け入れ、キリストは人間であり、子なる神はその神の対応者であると宣言した異端である。 14世紀にモンゴルの指導者ティムールがインドを除くイラク以東のネストリウス派教会を完全に破壊するまで、教会は繁栄し、中国、モンゴルアジアの草原、インドのマラバル海岸に拡大した。

ローマとの統一は1551年に初めて実現し、選ばれた総主教ジョンスラカがローマに行き、カトリック信仰の宣誓をした。 この時期から、カトリックになったネストリウス派はカルデア派と呼ばれるようになった。 その後、1672年、1771年、1778年と続き、現在の「バビロニア総主教」は、1830年に誕生した。 総主教の住まいは、当初はラバーン・ホルミズド修道院、次にモスル、最後にバグダッドに置かれた。 バグダッド教区の他に、4つの大教区(バスラ、キルクーク、セーニャ、イランのテヘラン、ウルミア)と7つの教区(アレッポ、アルコシュ、アマディア、アクラ、ベイルート、モスル、ザクホ)が存在する。 カルデア人は、古代東シリアのアダイとマリの典礼を保存し、シリア語で祝別している。

コメントする