グッドモーニングアメリカのロビン・ロバーツ、メモリアル・スローン・ケタリングでの治療後に復帰

まとめ

幹細胞移植を受けた後の番組復帰初日に、共同司会のロビン・ロバーツがメモリアル・スローン・ケタリングの治療チームに感謝の言葉を述べています。

グッドモーニングアメリカの共同司会者であるロビン・ロバーツさんは、2012年秋に骨髄異形成症候群(MDS:すべての血液細胞のもとになる未熟細胞の障害により骨髄で発生する病気)の治療のためにメモリアル・スローン・ケタリングで幹細胞移植を受け、本日初めて番組に復帰しました。

番組で「感謝の気持ちでいっぱいです」と述べたロバーツさんは、次のように述べています。 「

治療の一環として、ロバーツさんは数週間入院し、現在はメモリアル・スローン・ケタリングの成人骨髄移植サービス部長であるセルジオ・A・ジラルトの指揮のもと、医師、看護師、スタッフのチームによって、外来患者として注意深く観察・治療を受けています。

臨床試験への参加

ロバーツさんは、ドナー細胞がレシピエントの細胞を異物と認識して攻撃する移植片対宿主病を防ぐためのより良い方法を研究する臨床試験に参加する機会を与えてくれた、一緒に番組に出演したギラルト博士に感謝の意を表しました。 「ある意味、明日の患者のために標準治療を開発することは、医師として、そして今日の患者として、私たちの義務なのです」と述べました。

「看護師や技術者を見渡すと、すべての患者に対して持っている情熱と思いやりは、賞賛に値します」と彼女は述べました。 「

幹細胞移植の詳細

Memorial Sloan Kettering で幹細胞移植を受けた Nancie Simonet さんが、どのようにして厳しい治療と家族やレストランの経営を両立し、ついには人生を取り戻したかについて話しています。

ABCテレビのニュースマガジン「20/20」の特別版で、ジラルト博士の視点を含め、ロバーツさんの現在進行形の旅について詳しく知ることができます(2月22日金曜日午後10時、米国東部時間)。 また、ロバーツさんの病気と治療の体験は、「People」誌2月25日号のカバーストーリーで紹介されています。

幹細胞移植についてもっと知りたい方は、成人骨髄移植サービスの専門家による、手術、回復プロセス、ドナーになることについてのQ&A をお読みください。

そして、メモリアル・スローン・ケタリングで幹細胞移植を受けたナンシー・サイモネさんの物語をご覧ください。

また、メモリアル・スローン・ケタリングで幹細胞移植を受けたナンシー・シモネットさんの話も、2月18日のグッドモーニングアメリカで取り上げられました。

コメントする