セルタワー リースで期待されること

さて、あなたはワイヤレス キャリアから接触され、セルタワーのリース契約を結びたいと考えていますね。

家主の中には、リース内の専門用語に圧倒され、長い目で見ると不利になるかもしれない性急な決断を下す人もいます。 リースの内容を理解し、交渉するのは大変なことで、時間がかかります。

地主の賃料

何よりもまず、地主は通常、セル タワーに対して受け取る賃料の額を知りたがります。 しかし、いくつかの要因が家賃の価格を決定するため、この金額は異なります。

家賃の価格は、場所や競合他社との比較、建設コスト、その地域の携帯電話のカバレッジに対する需要によって異なります。 また、短期的な利益と長期的な利益は異なることを認識することが不可欠です。

リースの期間

セルタワーのリースは、一般的に 5 年の期間から始めることができます。 リース更新が発生した場合、さらに5年の期間が与えられ、合計25~30年になる可能性があります。

さらに 5 年間または 25 年間の賃料があることは有利に聞こえますが、これらの契約には契約上の影響がある可能性があります。

成長し続ける技術産業において、セル タワーは時間とともに価値を失い、最悪の場合、セル波キャリアによって必要とされなくなる可能性があります。

また、インフレを考慮し、お金が時間とともに減少することを考えることも重要で、固定賃料収入は今は十分かもしれませんが、30 年後にはそうではありません。

セル タワーのリースにおいて、提示された解約条項は慎重に扱う必要があります。 この条項により、ワイヤレス キャリアは、短期間の通知で契約を終了し、不要なワイヤレス資産をあなたの土地に残していくことができます。 これらには、ケーブル、フェンス、および導管とともに、既存の構造物が含まれます。

地主が陥りやすいもう 1 つの問題点は、ROFR (Right of First Refusal) 条項です。 この条項を行使する携帯電話タワーを占有する無線通信事業者は、潜在的な買い手によって提示されたオファーと同等またはそれ以上になることが許可されます。 新しい買い手が地主の不動産、土地、無線リースに対してオファーを出そうとした場合、それを上回り、代わりに無線通信事業者に売却することができる。 買い手のオファーを超えると、他の買い手候補がオファーを出すのを思いとどまり、需要が減れば買い手の数も減ります。

コロケーションと屋上リース

コロケーション リースには、既存のキャリアによってすでに占有されているセル タワーとその地上スペースを使用したいワイヤレス キャリアが含まれます。

両方のキャリアが交渉して、新しいキャリアにセル タワーの土地の一部をサブリースすることに合意した場合、コロケーション料が発生します。 この種のリースには、一般に、不動産所有者が関与しません。

屋上リースも同様に、通信事業者が屋上のアンテナやその他の送信機器を設置したいが、その構造物を所有していない場合に発生します。 送信タイプの機器には、送受信機、バックアップ電源、基地局(BTS)、GPSなどがあります。 所有者と通信事業者がリース契約を交渉し、設置が可能になります。

セル タワー リースの買い取り

現在リース中の地主には、セル タワー リースを売却する選択肢があります。

潜在的な買い手からアプローチを受けた場合、将来のリース価値の現在に影響を与える可能性のある以下の要因を考慮することが不可欠となります。

買い手候補にアプローチされたら、現在の、そして将来のリース価値に影響を与える可能性のある、次の要因を考慮することが重要です:賃料、賃料の定期的エスカレーター、コロケーション、リース満了日

セルタワーのタイプもリース買取に影響します。 たとえば、屋上サイトの買い取りは、地方にあるセルタワーのリース買い取りとは異なるでしょう。

Explanation of Use

用途の説明では、その土地で何をするつもりかを話し合い、明らかにします。

リース契約において、ワイヤレス通信事業者は、あなたの土地に必要以上の機器を置くスペースを確保し、交渉に応じることがあります。

リース契約では、ワイヤレス通信事業者が、あなたの土地に必要以上のスペースを確保して交渉することがあります。見苦しい構造物や、不利な場所にある設備が広すぎると、資産価値が下がる可能性があります。

セル タワーのリースの推奨

多くの構成要素と発生しうる問題のために、セルタワーのリースは多くの所有者にとって圧倒的です。

したがって、地域のセルタワーコンサルタントについて調べて話すことが有利になることがあります。

コメントする