トルコハゲワシ – 霊獣、象徴、トーテム、意味

新世界のハゲワシ科の鳥で最も数が多く、アメリカの広大な空間を飛び、亜熱帯の森の周辺、広い野原の近く、雑木林や大陸の他の半開放地帯に隠れて生活している。

この鳥は旧世界のハゲワシとは何の関係もないが、その姿と習性には共通点がある。

ハゲタカは死体や死にかけたものを食べるスカベンジャーであり、人間にとってはどこか恐ろしく、不気味な鳥である。

しかし、この翼のある生き物は賢く、注意深いのです。

しかし、この翼のある生き物は賢く、慎重で、実は地球の自然な浄化者と考えられています。

一般に、七面鳥の象徴は、異なる伝統の間であまり変わりません。

それにもかかわらず、七面鳥は驚くべき霊的動物であり、ガイドである可能性があります。

トルコハゲタカの象徴

一般的に言って、世界中のほとんどの伝統や信念体系が、ハゲタカ科の鳥に対してあまり肯定的な意見を持っていません。

彼らはしばしば冥界と死の使者として描かれます。

古代ペルシャの民間伝承によると、地獄の入り口を守る 2 羽の大きなハゲタカがおり、ギリシャ神話ではハゲタカは死と生に関する秘密の伝承の番人として見なされています。

伝統的なハゲタカの描写にはすべて共通点があり、ハゲタカはしばしば闇と神秘の生き物として描かれますが、私たち人間が理解できない神の力と知恵にも深く関わっているのです。

それ以外にも、七面鳥は賞賛に値する特徴や行動を誇っている。これらの特徴により、七面鳥は強力なトーテムであり、霊獣である。

知性と技量-トルコハゲワシは知的な動物である。 彼らは生き残るために賢くなければならず、慎重に戦略を練ります。

この鳥は大きな群れで生活していますが、自分たちで食べ物を探します。

彼らは優れた計画家であり、徹底した探検家でもあります。

彼らは計画性に富み、徹底した探求者である。

トルコハゲワシには、鳥類では非常に珍しい驚くべき能力がある。

この驚くべき特性により、七面鳥は鳥類の中でも例外的な、興味深い生物となっている。

警戒心と意識-ハゲワシはしばしば警戒心を連想させるが、この特性は通常何か脅威を与えるものとして描かれる。 トルコハゲワシはこの特徴を近縁種と共有している。

彼らはスカベンジャーであることを念頭に置き、これらの生き物は自然な静けさと意識を育んでいます。 そのため、遠くの獲物を感知して捕らえることができる。

時には地上にいる小さな獲物を狩ることもあります。

時には地上の小動物を狩ることもあるが、歩くのが苦手なので、じっと静かにしていないと捕まらない。

腐肉を取るのも同じです。

腐肉の獲得も同様です。このような獲物は常にあらゆる飢えた生物の標的であるため、七面鳥は非常に注意深く、慎重にならなければなりません。

注意深さと慎重さ-七面鳥は自然の生息地であまり敵がいないものの、この鳥は生まれつき慎重です。

これらの鳥には、同じ食性を持つ他の種のライバルがいます。

これらの鳥は与えられた状況や状態を適切に判断することができます。 この性質は、動物界ではあまり一般的ではありません。

ハゲタカはトリックスターではなく、優れた戦略家なのです。

生存と機知 – トルコハゲワシは生まれながらの生存者である。

他の生物が獲物を狩るのに対し、ハゲワシは死んだり瀕死の動物を餌にします。

他の生物が獲物を狩るのに対して、ハゲワシは死んだり死んだりした動物を食べるのです。

このような特徴から、人々はハゲタカを嫌悪しますが、ハゲタカは非常に機知に富み、抵抗力のある生物です。

例外も存在します。 トルコハゲワシは生存と忍耐の象徴である。

霊獣・トーテムとしてのトルコハゲワシ

トルコハゲワシとハゲワシは一般的に強力な霊獣とトーテムを象徴しています。

この驚くべき生き物は、死者の領域から生者の世界を分離する流動的な境界線と関連しています。

この驚くべき生物は、生者の世界と死者の世界を隔てる流動的な境界と関連しています。彼らはしばしば「向こう側」からのメッセンジャーとして見られており、あなたがトルコハゲワシ派であれば、これは興味深く有用かもしれません。

トルコハゲワシやハゲタカ族の主なポジティブな特徴は以下の通りである。

トーテム動物として、彼らは私たちが内なる力を見つけ、それを自分にとって有利になるように導いてくれます。

彼らは、人生における正しい機会をつかむために、辛抱強く、注意深くあること、生まれ持ったスキルを伸ばし、目標を達成することを教えてくれます。

ハゲタカの人々は通常賢く非常に知的で、自分が置かれた状況を判断することができます。 慎重に計画を立て、素早く行動します。

このような人々は、手先が器用で賢く、強い意志を持っています。

しかし、個性は失わず、エキセントリックに見えることもあります。

しかし、個性を失わず、奇抜に見えることもある。

トルコハゲタカの人々の特徴で、ポジティブにもネガティブにも解釈できるものは以下の通りです:

  • 内省的
  • 抜け目がない
  • 計算高い

一般に内省は良いことである。

この組み合わせは、時に彼らを極端に計算し、自分自身の感情や思考に取りつかれるようにします。

トルコのハゲタカ人のもう一つの特徴は、抜け目のなさです。

トルコハゲタカのもう一つの特徴は、抜け目のなさです。これは良い特徴とも解釈できます。

また、トルコハゲタカ族の特徴として、抜け目のなさも挙げられます。

他人と物を共有するのが苦手で、必要最低限のものしか手に入れられない傾向があります。

七面鳥のトーテムが与えるすべてのギフトのバランスを取れば、この望ましくない方向を避けることができ、感謝され愛される素晴らしい人格になれるはずです。

七面鳥に関する興味深い信念と事実

この鳥の実際の名前が「黄金の浄化師」だということを知っていましたか? トルコハゲワシはCathares auraという名前で分類されており、これはラテン語で浄化と金を意味する言葉に由来しています。

このように、七面鳥は広大な土地を浄化し、人間を含む他の生物に健康で清潔な環境を提供しているのです。

プエブロインディアンにとって、トルコハゲワシは浄化を表し、彼らのシャーマンの伝統と変身の儀式で高く評価されています。

生と死の隠れた力とコミュニケーションできる神秘的な生き物としてしばしば見られるため、ハゲワシは昇華の強力な錬金術のシンボルです。

ゾロアスター教では、ハゲワシは浄化と天界とのつながりを表します。これは、ゾロアスター教徒が空葬を実践し、ハゲワシに死者の体を残して骨の肉を食べさせ、その魂を自由に天界に入らせることを意味します。

Ezoicreport this ad

コメントする