ノバク・ジョコビッチ、国籍変更について語る

ノバク・ジョコビッチは17のグランドスラムタイトル(ロジャー・フェデラーの20、ラファエル・ナダルの19に次ぐ3位)を勝ち取り、全豪オープン8勝(絶対記録)、ウィンブルドン5勝、全米オープン3勝、ローランギャロス1勝を達成。

彼は、2008年の北京オリンピックでの銅メダル、デビスカップ、セルビア代表チームとのATPカップに加えて、34のマスターズ1000トーナメントで優勝しているのです。

「ジュニアの国際大会でとても良い成績を収めていたので、テニスエージェントに見初められたんだ。 そして、イギリス国籍への変更のオファーがあったのです。

また、ノールはテニスを始めたきっかけや、あらゆるスポーツの中でテニスをすることがいかに奇妙であるかについても語っています。 「

私の家系は運動神経が良いので、私がスポーツを始めたのも不思議ではありません。 しかし、父や叔父、叔母が競技スキーヤーだったので、私がテニスをするのは奇妙なことでした。

あるとき、父がドイツマルクの10ドル札を取り出し、それが彼らの全財産だと言ったのを覚えています。

一度だけ、父が10ドイツマルク紙幣を取り出し、それが彼らの全財産だと言ったのを覚えています。

コメントする