ノーベル賞 ノーベル賞のロゴ

Linus Pauling (February 28, 1901- )*1、ノーベル賞を2度続けて受賞した唯一の人物です。 1922年にオレゴン州立大学で学士号を、1925年にカリフォルニア工科大学で博士号を取得し、7カ国の大学から名誉学位を授与された後、ポートランドのワシントン高校に通ったが、技術的な理由で1962年まで卒業証書を受け取ることができなかった。

1925年から1926年までは米国研究会議、1926年から1927年まではグッゲンハイム財団の助成を受け、ミュンヘンのアーノルド・ゾンマーフェルト、チューリッヒのエルヴィン・シュレディンガー、コペンハーゲンのニールス・ボーアという3人の物理学者のもとで学んだ。 1927年から1964年までカリフォルニア工科大学の教授を務め、明晰で熱意があり、単純化の才能があり、論争に参加する意欲のある、才能ある教師として評判になった。 1963年から1967年まで、カリフォルニア州サンタバーバラにある民主制度研究センターに研究教授として所属し、1967年から1969年まではカリフォルニア大学サンディエゴ校の化学教授、1969年からはスタンフォード大学の教授を務めています。

大学院時代から30年代半ばまで、ポーリングは主に物理化学、特に分子の空間配置とその分子挙動との関連性に関心を寄せていた。 1939年、彼は10年以上にわたる研究の成果を『化学結合の本質と分子・結晶の構造』で発表しました。 1954年のノーベル化学賞受賞時には、「化学結合の性質とその複雑な物質の構造の解明への応用に関する研究」が評価されました。

ポーリングは、分子の「振る舞い」への興味から、物理化学から生物化学へ、分子の構造への吸収からその機能、特に人体での機能へと導きました。

ポーリングは、分子の「ふるまい」に興味を持ち、物理化学から生物化学へと進み、分子の構造から機能、特に人体における機能まで吸収するようになった。 彼は、正常な構造だけでなく、異常な構造も研究し、効果を観察するために異常なものを作り出すことさえした。 血液中のグロブリンの分子を変化させた合成抗体の作成から、血漿の代用品が開発された。

1950年には、初めて満足できるタンパク質分子のモデルを構築し、この発見は生きた細胞の理解に影響を与えた。

彼は、ある種の血球異常の影響、分子異常と遺伝の関係、精神遅滞の化学的基礎の可能性、麻酔薬の機能などを研究し、論文を発表している。 彼は将来を見据えて、『化学結合の本質』の最終回で「生命の本質を理解するための探求において、次のステップは何であろうかと問うことができる」と述べている。 私は、精神活動に関わる電磁気現象の本質を、脳組織の分子構造と結びつけて解明することだろうと考えている。 意識的・無意識的な思考や短期記憶には、遺伝や経験から得られる長期記憶の分子(物質)パターンと相互作用する、脳内の電磁気現象が関与していると思います。

ポーリングの最新の化学・医学・栄養学的研究は、1970年に出版された『ビタミンCと風邪』という本の中で、彼は、アスコルビン酸の十分な摂取による国民の栄養状態の改善を通じて、数年以内にアメリカや他のいくつかの国で風邪をほぼ完全にコントロールすることができると主張しています2

第二次世界大戦中、ポーリングは国を守るために不可欠だと考えられる科学事業に参加しています。 戦争初期には、国防研究委員会の爆発物部門の顧問を務め、1945年から1946年までは国家安全保障研究委員会の委員を務めた。

終戦間際の原子爆弾の使用は、ポーリングを新しい方向へ向かわせました。

終戦間際の原子爆弾の使用は、ポーリングを新しい方向へ向かわせた。正常な分子と異常な分子の構造、人体内での分子の挙動、遺伝による分子の伝達について長い間研究してきた彼は、核放射性降下物が人間の分子構造に及ぼす悪性の可能性と、爆発する爆弾が放つ爆発と火の力に直ちに強い関心を持ったのであった。 1946年から1950年まで活動したアインシュタインの原子力科学者緊急委員会のメンバーとして、また多くの平和団体の支援者として、そして個人として、ポーリングは40年代後半から、戦争とその現在の核の性質に反対するキャンペーンを絶えず行ってきた。 また、水爆の製造に抗議し、核兵器の拡散防止を訴え、多国間軍縮の第一歩として核実験の禁止を推進した3

50年代初頭と60年代初頭には、親ソあるいは共産主義者であるという非難を受けたが、彼は断固としてこれを否定した。

1958年1月15日、彼は国連に、さらなる核実験に抗議する世界各国の科学者9,235人が署名した有名な請願書を提出しました。 同年、『ノー・モア・ウォー!』を出版。

核保有国が自発的に3年間実験を控えた後、1961年8月にソ連が核実験の再開を発表すると、ポーリングはロシア、アメリカ、イギリスの指導者に実験禁止条約の必要性を説得する努力を倍加させました。 彼は、科学者の一人として語った。 彼の知的立場は、1963年にハーパース誌に掲載された通信に要約されている4。 しかし、人類が生き残るためには戦争を廃絶しなければならないという私の結論は、倫理的原則に基づくものではなく、国際問題に関連して、特に戦争の本質に関して、近年世界で起こった変化に関する事実を徹底的かつ慎重に分析したことに基づくものである」。「

地下核実験以外のすべての核実験を禁止する核実験禁止条約は、1963年7月に署名され、ノルウェーのノーベル委員会が1962年の平和賞をライナス・ポーリングに授与すると発表したのと同じ日、1963年10月10日に発効されました。 New York, Basic Books, 1963. Bulletin of the Atomic Scientists, 1945-1962の記事集で、ポーリングの議会公聴会に関するHarry Kalven, Jr.の2本の記事(466-493頁)と、発表や講演で紹介された様々な科学者の記事の一部が含まれています。

Biological and Environment Effects of Nuclear War(核戦争の生物学的環境効果). 1959年6月22日~26日、原子力に関する米国議会合同委員会の放射線特別小委員会での公聴会。 Washington, D.C., U.S. Government Printing Office, 1959.

Current Biography Yearbook. New York, H.W. Wilson, 1964.

Gilpin, Robert, American Scientists and Nuclear Weapons Policy.

Jacobson, Harold Karan, and Eric Stein, Diplomats, Scientists, and Politicians,(ジェイコブソン、ハロルド・カラン、エリック・スタイン、外交官、科学者、政治家)。

ジェイコブソン、ハロルド・カラン、エリック・スタイン『外交官、科学者、政治家:米国と核実験禁止交渉』。

Jungk, Robert, Brighter than a Thousand Suns:

Jungk, Robert, Brighter than the Thousand Suns: A Personal History of the Atomic Scientists , translated by James Cleugh. New York, Harcourt, Brace & World, 1958.

The Nature of Radioactive Fallout and Its Effects on Man.(放射性降下物の性質と人体への影響)。 2 vols. Hearings before the Special Subcommittee on Radiation of the Joint Congress Committee on Atomic Energy, May 27-June 7, 1957.(1957年5月27日~6月7日、米国議会原子力委員会放射線特別小委員会での公聴会)。 ワシントンD.C., U.S. Government Printing Office, I957

ポーリング,ライナス,The Architecture of Molecules. ロジャー・ヘイワードと。 San Francisco, Freeman, 1964.

*ライナス・ポーリングは1994年に死去しました

1. 1954年にノーベル化学賞、1962年に平和賞を受賞。 1911年化学賞、1903年物理学賞を受賞

2.1971年PBK科学文学賞受賞

3.核実験禁止の国際合意に向けてのポーリングの活動の詳細は、発表スピーチとノーベル講演で述べられています

4.ハーパーズ・マガジン226(63年5月)6.

コメントする