ブログ

より重要な問いは、これだと思います。 いったいなぜ、神はご自分の王国をユダの系統から来させられたのでしょうか? 結局、ヤコブは「笏はユダから離れない」(創世記49:10)、つまり神の王国はユダ族から来ると預言しているのです。

しかし、イスラエルのすべての息子たちの中で、なぜユダなのでしょうか。 なぜルベンではなく、一番年上なのでしょうか。 また、ベニヤミンは最も若く、神は歴史的に最も若い者を好まれるからでしょうか。 あるいは、なぜヨセフではないのでしょうか。

OTヘブライ語学者であるゲーリー・シュニットジェーは、神がユダの部族を通して王国が来るように選んだのは、創世記38章のユダの話のためだと理論化しています。 シュニッチャ-が主張するように、「なぜユダなのか? それは彼が兄弟より優れていたからではない。

言い換えれば、神はご自分の王国がどのように機能するかを示すために、ユダを通して王国をもたらすことを選ばれたのです。 ユダを通して王国が来たのは、彼が正しい息子であったからではなく、彼が自分は正しくないことを認めたからです。 これは、イエスが正しい者ではなく、正しくない者を呼んだ理由です。なぜなら、神の国は、自分の破れを認める者に属するからです。

まとめ

strong

コメントする