マウント・セント・ヘレンズ再生

×このページはアーカイブされた内容を含んでおり、更新は終了しています。
Mount St.Helens Rebirth

JPEG

20年前の今日(1980年5月18日)、セントヘレンズ山の破局噴火は、米国における20世紀の最も重要な自然現象の一つに数えられています。 セントヘレンズ山は、カスケード山脈の遠隔地にあるため、噴火による死者はわずかでしたが、財産の損害と破壊は、合計で数十億ドルに達しました

セントヘレンズ山は、複合火山または成層火山の一例です。 これらは、一般に、以前の噴火の破片の蓄積によって構築された、急勾配の、対称的な円錐形の爆発性火山で、溶岩流、火山灰、噴石の交互の層で構成されています。 日本の富士山、エクアドルのコトパクシ山、オレゴン州のフッド山、ワシントン州のレーニア山など、世界で最も写真に撮られる山は成層火山である。 最近噴火した北海道の有珠山も成層火山である。

セントヘレンズ山の高さは、5月18日の朝の爆発的噴火の結果、約2950 m (9677 ft) から約2550 m (8364 ft) に減少しました。 噴火によって、塵と灰の柱が25km以上上空に舞い上がり、爆風による衝撃波が、中央火口から10km以内にあるほとんどすべての木を倒しました。 山麓の深い雪が瞬時に溶けたために発生した大規模な雪崩や土石流は、旧山頂から北と東に20km以上離れた地域を荒廃させ、さまざまな瓦礫で詰まった川は100km以上離れた場所まで氾濫した。 ほぼ全壊の面積は約600平方キロメートルであった。 噴煙の灰は急速に北東と東に飛ばされ、雷を発生させ、多くの小さな森林火災を引き起こした。

この画像は1999年8月22日にランドサット7号によって観測されたものです。 バンド3、2、1を用いて、それぞれ赤、緑、青(トゥルーカラー)を表示し、30mの解像度で作成されています。 1980年5月18日の大噴火の影響が、セントヘレンズ山の北側と東側の山肌を中心に、まだはっきりと残っているのがわかります(白とグレーの濃淡)。 画像の中央にあるのがクレーターです。 クレーターから伸びる筋(画像では灰色)に注目してください。 これは、火砕流(ガス、灰、岩石の破片が過熱されてできた雪崩)が、山の斜面や麓の比較的平らな場所に深い溝をつくった名残りです。 クレーターのすぐ北東には、部分的に水を湛えたスピリット湖が見えます(画像の青黒い部分)。また、爆発時のエネルギーのほとんどが、クレーターのすぐ北西にある灰色の部分に集中しています。 しかし、山の他の部分では、若返りのプロセスは明らかです。 火山灰の堆積物からミネラルが供給され、植生の生育が促進されているのです(さまざまな色の緑)。 20年前の姿にはほど遠いものの、セントヘレンズ山は活発に回復しているのです。

Data courtesy Landsat 7 project and EROS Data Center. Caption by James Foster, NASA Goddard Space Flight Center.

コメントする