マルコによる福音書14章61-62節の解説。 カイアファはいつ死んだのか

「そして、人の子が…天の雲に乗って来るのを見る」-カイアファはいつ死んだのか

カイアファはいつ死んだのか

カイアファはいつ死んだのか

カイアファはいつ死んだのか

カイアファはいつ死んだのか? マルコ14:61-62の解説。 要約とハイライト

カイアファはいつ死んだのでしょうか。 次のマルコ14:61-62の解説で、イエスは大祭司に答えるとき、「人の子が天の雲に乗って来るのを……あなたは見る」と言います。 イエスはまた、マタイ16:27-28、マタイ24、マルコ8:38-9:1でも、自分の世代のうちに戻ってくると約束されています。 最近、考古学者が大祭司カイアファの墓の発掘を主張している。 カイアファは使徒言行録7-8章のステファノの石打ちの時に神の右手に座っているイエスを見た可能性があるようです。 大祭司の前でステファノは見上げて、使徒8:57に神の右手に立っているイエスを見たのです。 一世紀のローマの二人の歴史家は紀元66年に、空にいる大勢の天使の前でイエス・キリストと思われる奇跡的な出来事を記録しています。 カイアファはまた、ユダヤ戦争の間にもイエスが天の雲に乗って来たのを見たのでしょうか。 A.D.66のこの奇跡は、イスラエルの歴史の中で最も悲劇的な戦争の開始をマークし、その結果は、聖書の中で一見すべての終わりの時間の予言の文字通りの成就を見た戦争です。

以下のことは信じられないように思えるかもしれません。

以下は信じられないようなことかもしれません。しかし、すべての情報は公平な歴史的記録から取られ、簡単に検証可能なのです。

西暦66年の雲中の軍勢です。 これは再臨か?

「あなたは人の子が天の雲に乗って来るのを見るであろう」-カイアファはいつ死んだか?

ある学者たちは、大祭司カイアファの遺体がこの納骨堂に納められたと考えている。

61 しかしイエスは黙っていて答えられないままであった。 大祭司は再び彼に尋ねた。”あなたはメシア、すなわち祝福された者の子なのか”。 62 “わたしはそうだ “とイエスは言われた。 「そして、人の子が力ある方の右に座り、天の雲に乗って来るのを見るだろう」

マルコ14:62でイエスは大祭司に答えて次のように述べています。 “そして、人の子が力ある方の右に座り、天の雲に乗って来るのを見ることになる。” カイアファは、イエスが天の雲に乗って来るのを目撃するために生き残ったのだろうか? 以下のパラグラフの情報の多くは、このホームページの読者であるロンさんから親切に提供されたものです。 マルコ14:61-62で、イエスは、大祭司は神の右の座におられるイエスを見るまで生きることができると言っています。 この預言は、少なくとも部分的には使徒6-7章で成就されたかもしれません。 使徒6-7章によると、ステファノは大祭司とサンヘドリンに引き合わされました。 彼らの前で、ステファノは福音を述べました。 そして、彼はすぐに死刑にされました。 この時、ステファノは使徒言行録7:55-56で大祭司の前で天を仰ぎ、「神の栄光と、神の右に立つイエスとを見て、『見よ、私は天が開かれ、人の子が神の右に立っているのを見る』と言った」。 使徒7:57でステファノの告発者たちはその後耳を塞ぎ、彼を死刑にしようと突進してきた。

使徒6-7によるとステファノの死に立ち会った大祭司もステファノと同じく神の右の座にいるイエスを見たのだろうか? もしそうなら、この出来事は間違いなくマルコ14:62「”そして、人の子が力ある方の右に座っているのを見る”」が文字通り成就したことになります。

大祭司はまたこの時、イエスが天国の雲に乗って来るのを見て、その国を受け入れたのでしょうか。 ダニエル7:13-14で、ダニエルはメシアが天の雲に乗ってやって来て、天の神の前に連れて行かれながら御国を受ける幻を見ている:

夜、幻を見ていると、私の前に、人の子のように、天に雲に乗って来るものがあった。 彼は古代の人に近づき、その前に導かれた。 彼は権威と栄光と主権を与えられ、すべての民族、国民、あらゆる言葉の人々が彼を拝んだ。

おそらくユダヤ人の大祭司も、使徒7章でイエスが天の雲に乗って御国を受け取りに来る幻を見たのではないでしょうか? もしそうなら、マルコ14:61-62はその時完全に成就されたことになります。 興味深いことに、大祭司アナヌスとカイアファはその直後にマルコ14:62の成就である天の雲に乗って来るイエスを見た可能性もあります。 後述するように、イエスはその後、紀元66年から紀元74年にかけてのユダヤ戦争で、その世代の裁きのために天の雲に乗って来られたのである。

ダニエル7:13-14で述べたように、人の子であるイエスは幻の中で天の雲に乗って来て、すべての国の支配権を与えられるのを見ます。

歴史的にユダヤの大祭司は終生この役割を果たしました。 しかし、ローマ帝国時代には、大祭司は基本的にローマの操り人形となり、人気がなくなって解任されるまでその任を果たしました。 カイアファは紀元18年から紀元36年頃まで大祭司を務め、執政官ヴィテリウスによって退けられた(『古代史』18.95)。 その後、カイアファがどのくらい生きたかは不明ですが2、少なくともユダヤ戦争が始まるまで生きていた可能性が高いと思われます。 カイアファは大祭司アナヌスの娘婿であった。 アナヌスは紀元15年、36歳の時に退位させられるまで大祭司として仕えていた。 アナナスがいつ死んだかも不明ですが、もしアナナスが紀元15年に36歳であったとすれば、紀元66年のユダヤ戦争開始時には87歳になっていたことになります。 カイアファはアナヌスの義理の息子であったから、当時はそれより若かったと思われる。

カイアファとアナヌスはおそらくユダヤ戦争を目撃するために生きていた:マルコ14:61-62でイエスによって言及された大祭司はまたアナヌスであると思われます。 アナヌスもまた、イエスが天の雲に乗って来るのを見るために生き残っていたかもしれません。

ルカ22:66-71でイエスは「両方の祭司長」の前に引き出されて、ルカ22:69でマルコ14:61-62と同様の宣言を発せられます。 ルカ22:66で言及された二人の祭司長はカイアファとカイアファの義理の父であるアナヌスです。 前述したように、アナヌスは紀元15年まで大祭司を務めました。 その後、彼は五人の息子と一人の義理の息子カイアファを持ち、彼らは皆、彼の後に大祭司として仕えています。 この6人の祭司が大祭司を務めたが、アナヌスはあからさまに、あるいは助言的な役割で、本当に糸を引いたと考えられている。 この事実は、ヨハネによる福音書18章13-24節に示されているようです。 この対訳によると、イエスは逮捕された後、まずアナナスの家に連れて行かれました。 ここでイエスは、カイアファのもとに送られる前に、アナヌスから尋問を受けたのです。 興味深いことに、公式には大祭司ではありませんが、23節でアナナスが大祭司であることが確認されています。 アナナスは一世紀のイスラエルの人々から神の大祭司とみなされ、退位させられた後もその称号で呼ばれ続けました。 アナヌスがいつ死んだかも不明ですが、アナヌスの傀儡(かいらい)であった最後の息子が66年まで大祭司を務めたことから、アナヌスはユダヤ戦争の開始を目撃するために生き残った可能性が高いと思われます3。

Caiaphas Probably Lived to witness the Jewish War: Various Traditions Concerning the Death of Caiaphas

上記のように、カイアファがいつ死んだかは知られていませんが、彼の死に関するいくつかの異なる伝統があります。 4 世紀後半の使徒憲章には、カイアファが自殺したと言われる教会の伝統が記録されていますが、いつ、どのように死んだかについての詳細は記載されていません。 また、11世紀の「ティベリウスからピラトへの手紙」では、ティベリウスの命令でカイアファ、ピラト、その他のユダヤ人支配者が逮捕され、ローマに連行されたと想像されている。 その途中、カイアファはクレタ島で亡くなり、大地がその遺体を受け入れないため、石のケヤキで覆われた。 (19世紀までクノッソスの近くにカイアファの墓と呼ばれる場所があった)4 シリア教会にも同様にありえない伝承がある。 しかし、使徒4:1-6と使徒5:17, 33によると、カイアファとアナヌスはイエスの死後もキリスト教徒を迫害し続けていたことから、カイアファが改宗したとは考えにくい。 もちろん、カイアファがフラウィウス・ヨセフスである可能性も同様に低い。

イエスは紀元66年のユダヤ戦争の始めに、彼の最初の、そしておそらく最も輝かしい雲の中の出現をされました。 この時、他の歴史家と一緒にフラウィウス・ヨセフスは雲の上で見た天使の軍勢を記録しています。 この雲上の天使の軍団は、黙示録19章に記述されている再臨の聖書の記述に文字通り合致しています。 黙示録19章では、イエスは馬に乗った天使の軍団を率いて空を飛んでいます。 ユダヤ戦争を通して、イエスは様々な方法で御自身を現されたようです。 これらの多様な現れは、聖書を通して神が人々に現れたすべての多様な方法を反映しているように思われます。 彼らはまた、パルーシアまたは再臨に関する聖書のすべての詳細を満たしています。

「イエスが1世紀に雲の中でご覧になったという歴史的証拠」では、パルーシアが紀元70年に起こっただけの短い一回限りの出来事である可能性がいかにないかを説明しています。 パルーシアとはギリシャ語で、王族の来臨や訪問を意味し、しばしば長期滞在することがあります。 ですから、キリストの再臨であるパルーシアも、西暦66年に始まり、西暦70年まで続く来臨、訪問であったと私は考えています。 この考えの根拠は、マルコ14:61-62にも見られる。 もしパルーシアが西暦70年に起こったばかりなら、カイアファやアナヌスがこの出来事を経験するために生きていたとは考えにくいのです。 ヨセフスによれば、熱心党と出雲族は紀元70年にエルサレムの元大祭司を探し出して殺害しました。 68:

しかし、イドメ派の怒りはこれらの殺戮では飽き足らず、今度は街に出て、すべての家を略奪し、出会った者をことごとく殺してしまった。 そして,彼らを捕えるとすぐに殺し,その死体の上に立って,冗談めかして,アナヌスの民衆に対する親切と,イエスの壁からの演説とを非難した。 また、少し前まで神聖な衣を身にまとい、公的な礼拝を司り、私たちの町に来たときには、地球上のすべての居住者から崇敬されていた人々が、裸で外に放り出され、犬や野獣の餌となるのを見ていたのである。6

カイアファとアナヌス先輩の名前は、上記のヨセフスによって具体的に示されていませんが、どちらの人物もこの暴動を生き延びたとは考えにくいのです。 もしカイアファとアナヌスが当時生きていたなら、カイアファはアナヌスの息子であり、アナヌス先輩の操り人形であると信じられていたので、この二人も殺戮の対象になっていたことでしょう。 このようにアナヌス先輩は、1世紀前半の大祭司職の腐敗の究極の源と見なされ、カイアファと並んで、これらの不正と、熱心党の究極の敵であるローマへの揺るぎない忠誠のために探し出された可能性が高いのです。 カイアファとアナヌスがなぜローマに忠誠を誓ったのかについての詳しい説明は、黙示録13章の先史時代の注解をご覧ください。

**NOTE** これは新しいウェブサイトです。 この記事が気に入ったら、それを共有し、Facebookで私たちのように、Twitterでフォローする。

「プレタリストのエスカチュール観」に興味をお持ちの方、あるいは預言や聖句に悩むプレタリストの方はいらっしゃいませんか? 聖書に書かれているように、それは起こったのです。 このエッセイが気に入ったのなら、聖書における主要な終末予言の成就についての詳細な説明は、PRETERIST BIBLE COMMENTARYをご覧ください。

また、「1世紀にイエスが雲の中で見たという歴史的証拠」もご覧ください。

また、ユダヤ戦争における時代の終わりとその成就がどのように創世記1-3を反映しているか、死者の復活が完全な地上の体の復活ではなく、天上の体の復活であると聖書が教えているか、復活がいかに堕落の鏡像であるかについては、ユダヤ戦争と天への復活がいかに創世記と堕落を反映しているか、前世主義はいかに地球の年齢の問題を解決し創世記の謎を解くかを見てください。

カイアファはいつ死んだのか? マルコ14:61-62の解説です。 結論

マルコ14:61-62の上記の解説によると、カイアファはキリストが雲に乗って来られるのを見る前に死ななかったようです。

前へ 次へ

マルコによる福音書14章61-62節の解説です。 カイアファはいつ死んだのか

Mark 14:61-62 Comment: カイアファはいつ死んだのか?

コメントする