メタドン離脱の助け

メタドンは、オピオイドに依存している患者を助けるものです。 オピオイド誤用障害の症状を軽減させるという豊富な証拠があります。 この薬は、オピオイド誤用障害の治療のために1960年代から使用されており、研究によると、メタドンを使用する患者は、使用しない患者よりも4倍も治療が継続しやすいことが分かっています。 メタドンは脳のオピオイド受容体と相互作用するため、急に止めると離脱症状が出ることがあります。 薬物療法(MAT)中の患者がメタドンを漸減する必要がある場合、治療者からメタドンの離脱症状に関する支援を受けることができます。

メタドンの離脱症状

メタドンに伴う離脱症状は通常、服用を中止または量を減らしてから約24~36時間後にあらわれます。 医師は、患者さんができるだけ快適に過ごせるよう、離脱のプロセスを監督します。 The exact time required to complete this process varies from one person to another. It may last from three to 18 weeks on average, but again, this varies for each patient.

If you experience any of the following symptoms within 30 hours after taking methadone, it may be a sign of withdrawal:

  • Difficulty sleeping at night
  • Frequent yawning
  • Runny nose
  • Watery eyes
  • Excessive sweating
  • Restlessness
  • Anxiety
  • Tiredness

Withdrawal symptoms may seem flu-like, but unlike the flu, these symptoms persist for a longer period of time. The following symptoms reach a peak after three days:

  • Drug cravings
  • Depression
  • Diarrhea
  • Cramps
  • Vomiting
  • Intense nausea
  • Goosebumps
  • Muscle pains

Also, symptoms like depression, low energy, difficulty sleeping and anxiety may persist for up to a week.

メタドンを用いたMATでは、メタドンの服用を完全に止められる患者もいますが、治療を続けなければならない患者もいます。

メタドン離脱の助けを得る

MAT中にメタドンの離脱が起こった場合、医師が手助けをしてくれます。 症状が現れたらすぐに治療できるよう、直面する可能性のある課題を医師に伝えましょう。 利用できる選択肢には、次のようなものがあります:

  • よりゆっくり漸減させる。 離脱症状について医師に伝えると、それに応じて漸減のプロセスを変更することができます。
  • 元の治療計画に戻す。 場合によっては、安全な回復のために、いつまでもメタドンを服用していなければならないこともあります。 これは、治療に「失敗した」ということではなく、体の相性とうまく付き合っていく必要があるということです。
  • 離脱のために薬を使う。 あなたの医者は、回復時間を短縮し、症状を和らげるために薬を処方することがあります。 よく勧められるのは、ナロキソン、ブプレノルフィン、クロニジンなどです。

メタドンの漸減後の再発を防ぐには

離脱のプロセスが完了したら、サポートグループと協力して再発を経験するリスクを減らすことができます。

メタドン離脱の助けは電話で

メタドン、オピオイド中毒の治療への使用、および使用を中止する際の離脱症状への対処方法についての詳細は、844-341-4040までお電話でお問い合わせください。

コメントする