レスリングの強さ

レスリングの力をつける

レスリングには体の強さと心の強さが伴います。 レスラーは、6 分間の試合の消耗のために、非常に多くの時間を費やして体を鍛えています。 レスリングの試合を見ていると、どちらが試合終了まで続けられるだけの体力と精神力を持っているかということはよくあることです。 両者とも動き続けており、相手を持ち上げ、引き、押し、コントロールする力を持っています。 Myosourceキネティックバンドは、レスラーがレスリングの技や動きを抵抗の力に対抗してすべて真似ることができ、バランス、柔軟性、スタミナ、持久力、爆発力を高めることができるように設計されています。 抵抗トレーニングは、レスラーが成功し、チャンピオンになるために必要な筋力を構築するために不可欠な部分です。

レスリング・ストレングス

キネティック・バンドを通常のワークアウトに加え、さまざまなテンション・レベルを使用することにより、迅速かつ効果的に筋力を高める効果があります。

レスリングの強さ:引くことと押すこと

レスラーは多くの時間を、それがマット上か直立かにかかわらず、相手を押したり引いたりして過ごします。 相手を押しのけて逃げたり、相手を引っ張って逃がさないようにしたり、レスラーにとって、そのための筋力は重要です。 Myosource Kinetic Bandsを使った身近な筋力トレーニングとしては、腕立て伏せ、引き上げ、ベンチプレスなどがあります。 押すという動作は、腕立て伏せのように自然な動作で、ほとんどの人は、物を引くよりも押す方がはるかに簡単なのです。 力士は引くために激しく速い筋収縮を必要とし、それには強い胸の筋肉、肩の筋肉、上腕二頭筋、上腕三頭筋、また爆発的なコア、そして下半身が必要です。 Myosource Kinetic Bandsは、レスラーが自分の体重を使ってレップやセットを行い、筋力を高めることができます。

レスリング プル&プッシング エクササイズ:

  • レスラーはMyosource Lower Body Kinetic Bandsを身につけます。
  • 上半身用キネティックバンドの真ん中をポールか静止した物体に巻き付け、両手に1本ずつ持ちます。
  • 肘を曲げて脇の下に手を添えてハンドルを持ち、腰を下ろします。 これは引くことと押すことの両方を含む。 >
  • 両手をスタート地点に戻し、100%で引く・引く・押す。 彼らは彼らの中心、下半身および上体
  • に置かれる張力に気づく。

  • それからレスラーは同じ練習を行うために彼らの膝を曲げ、背部まっすぐに立っている。 Myosource Kinetic Bandsの真ん中をmid level.
  • のポールの周りに置くだけで、レスラーは直立し、同じエクササイズを行うことになります。

  • 最後に、Myosourceの上半身用キネティックバンドのハンドルを体の前方に持ち、真ん中をポールに巻き付けるようにします。
  • レスラーは手を胸の内側に引き込み、指の関節を上向きにし、次に下向きにします。

レスリングの強さ

Myosource Kinetic Bands の他の素晴らしい引っ張り運動には、ローイング、懸垂、アーム カールがありました。

レスラーは、逃げたりスプロールしたりするために、強い下半身も必要です。 腰、太もも、大臀筋、ハムストリングの筋肉を素早く動かす必要があります。 Myosource Kinetic Bandsは、レスラーがウォームアップやストレッチ、技の練習をするときに装着することができます。

  • レスラーは、Myosource Kinetic Bandsを装着します。
  • レスラーは自分の体重に近いレスリングパートナーを選びます。
  • レスラーの一人は他のレスラーを抱き上げ、腰のあたりを持ち、レスリングサークルの内側から外側にできるだけ速く移動します。 上半身、体幹、下半身の筋力を同時に鍛えることができる。
  • レスラーはこのドリルを抵抗付きで行い、4回後に抵抗なしで再び行うべきである。 彼らは彼らの爆発的な筋力の違いを伝えることができるようになります。
  • レスラーはパートナーと交代します。
  • レスラーが上達すると、運ばれているパートナーに抵抗を加え、自由になろうとすることで、このドリルを追加することができるようになります。 This will require additional strength of the carrier to control their partner just like they would in a wrestling match.

コメントする