人種的正義

独立宣言の著者は、「すべての人に平等な正義がある国」という、アメリカの大胆なビジョンを描きました。 200年以上たった今でも、それは達成されていません。 何世代にもわたる公民権運動の結果、法律、政治、社会、教育などの分野で重要な成果が得られたものの、先住民の強制移住と奴隷制度は、人種的不公正のシステムの始まりであり、そこから我が国はまだ脱却していない。

根強い制度的人種差別と有色人種のコミュニティを不利にする不公平は、教育や住宅から刑事法制度に至るまで、今日の我々の制度の織りなす構造に今もなお織り込まれているのである。 制度的人種差別は、住宅という著しく隔離された世界に浸透しています。 公立学校では、有色人種の生徒が人種的に 隔離され、資金不足で劣悪なプログラムに閉じ込められること があまりにも多い。 私たちの刑事司法制度は、不当に有色人種を標的にし、警察の残虐行為を受けさせ、彼らを投獄し、多くの付帯する結果を課し、貧困を犯罪化します。

Racial Justice Program は、「私たち国民」が本当に私たち全員を意味する世界を作るために努力しています。これは、体系的人種差別を解体し、有色人種のコミュニティに加えられた何世紀もの損害を修復するために働くことを意味します。 人種的正義プログラムは、全米の州裁判所および連邦裁判所で、有色人種のコミュニティーに重大かつ広範囲な影響を与えるよう設計された訴訟を起こしています。 各州のACLU加盟団体、他の公民権団体、地元の支持者と連携し、地元や州議会でロビー活動を行い、草の根運動を支援しています。 これらの取り組みを通じて、刑事司法、経済正義、教育における不平等に関連する人種問題、アファーマティブ・アクション、アメリカン・インディアンの権利など、様々な問題について一般の人々を教育し、力を与えるよう努力しています。

コメントする