切り傷、やけど、擦り傷のお手入れ。 ルールが変わりました

アルコールや過酸化水素を使う時代から、「痛い! –

氷やバター、アロエを火傷に塗るのもそうです。

「私たちの創傷治療センターでは、毎日このようなことを聞きます」と医師は言います。

「創傷治療センターで毎日聞かれることですが、どれも『間違っている』ことです」と、ロサンゼルスのタワー創傷治療センターのディレクター、カズ・スズキ医師は言います。 「過酸化水素は泡立ち、傷口のゴミを取り除き、カサカサの血液を溶かすのに役立つかもしれませんが、開いている傷口には非常に刺激が強いのです。 アルコールも同じです。 確かにバクテリアは殺すことができますが、健康な皮膚や創傷床も殺し、刺激してしまいます。

広告

では、どうすればよいのでしょうか。

切り傷や深いすり傷などの「開いた傷」は、すぐに清潔な流水で数分間洗い流しましょう、と鈴木氏は話します。 「傷口が十分にきれいになったら、清潔なガーゼやタオルで数分間、直接、強く圧迫します。 「血液をサラサラにする薬を服用していない限り、これで十分止血できます。

昔ながらの方法である「外気浴」は、傷口と周囲の皮膚を乾燥させ、何の役にも立たないと鈴木さんは言います。 「

鈴木さんによると、清潔な手か手袋をした手でアクアホールのような普通の軟膏を少量使い、滅菌バンドエイドで傷口を覆うと、回復に最適な湿った環境になるとのことです。 「傷跡を最小限に抑え、最も早く回復することができます。 傷口が完全に治り、開いた傷口の皮膚が完全に再生されるまで、傷口を湿らせておくのです」と、鈴木さんは言います。

広告

「その後は保湿や日焼け止め(日に当たる部分なら)、傷の軽減が臨床的に証明されているシリコン系のジェル・ジェルシートを使うのがおすすめです」(同)。「

火傷をした場合は、炎症を抑えるために冷たい流水で火傷部分を「冷やす」こと。

その後、粘着性のないガーゼで傷口を覆う処置をすることを提案します。

その後、粘着性のないガーゼで傷口を覆うことをお勧めします。「当院では、ドラッグストアやアマゾンなどで市販されているワセリンを染み込ませたガーゼを使用しています。 いざというときは、清潔なガーゼにワセリンやアクアホールを塗って、傷口の上に貼ればOKです」

(因みに、鈴木氏は火傷に氷を使うのは凍傷の原因になり、結果的にダメージを大きくしてしまうので好きではないそうです)

。)

広告

言うまでもないことかもしれませんが、とにかく言っておきましょう。 鈴木のアドバイスは、常識やDIYをスキップするタイミングを知ることに代わるものではありません。

出血が止まらないほどの深い傷や、水ぶくれのような火傷など、重大な怪我は専門医の治療を受けるようにしましょう。

「自分で治療しようとして大惨事になる患者を見たことがあります」と鈴木さんは言います。 しかし、たとえ自宅で対処できるようなケガであっても、鈴木さんはこう警告します。 「1週間も自己流でケアしていると、傷口が開いてしまい、なかなか治らない。 If the wound becomes red, warm, swollen and painful, you probably have a skin infection and will need antibiotics.”

Advertisement

ALSO

7 reasons why you can’t lose the weight

Actress Sofia Vergara’s secret? Lifting weights

4 L.A.-area running clubs that are way more than just running clubs

Advertisement

コメントする