拡張症とは

拡張症の治療は必要ないかもしれません – 特に、歯と顎の骨のサイズの不一致から生じた隙間の場合、または乳歯の喪失に起因する場合です。

治療が医学的に必要ではないが、審美的な理由で隙間を閉じたい場合、歯科医は最善の方法を決定する手助けをすることができます。

歯列矯正は、歯に圧力をかけ、時間をかけて隙間を閉じます。

歯を動かすと口全体に影響するため、たとえ1つの隙間があっても、歯列矯正のフルセットを着用する必要があるかもしれません。

ベニアまたは接着

歯列矯正の代わりとして、歯科医はベニアを装着したり、歯科接着を行ったりできます。

これらのオプションは、歯が小さいことが原因で拡張が生じた場合に特に適しているかもしれません。

歯科インプラントまたはブリッジ

歯がないために拡張が存在する場合、インプラントやブリッジなど、より大規模な歯科治療が必要になるかもしれません。

歯科インプラントを設置するには、金属のネジを顎骨に挿入して、代わりの歯を取り付けます。

歯科ブリッジは、隙間の両側の歯に取り付ける装置で固定された仮歯です。

手術

口唇小帯が大きすぎるために拡張が生じた場合、歯科医はfrenectomy – 余剰組織を除去する処置-を推奨するかもしれません。

年長の子供と大人は、その後、隙間を閉じるために歯列矯正または別の治療が必要になる場合があります。 幼い子供では、隙間はそれ自体で閉じるかもしれません。

歯周病の治療

歯周病には、感染を食い止め、歯を失うなどの合併症を防ぐための治療が必要です。

治療には、歯ぐきの歯石を除去するスケーリングが含まれます。 スケーリングはまた、感染の原因となっている細菌を除去します。 さらに、外用または経口の抗生物質が有効な場合があります。

重症の場合は、歯ぐきの下から深い歯石を取り除く手術が必要になることもあります。

歯ぐきが再び健康になったら、歯科医は上記のいずれかの治療法で隙間を塞ぐことができます。

コメントする