更年期の気分の変化

友人と笑っていたかと思うと、しばらくして涙が出そうになる。 疲れて、圧倒されて、どうにもならない感じ。 更年期障害(閉経の第1段階、通常は40代前半)の一般的な症状の1つである気分の落ち込みを、あなたはおかしくありません。

気分の落ち込みの原因は何ですか

女性が年をとるにつれ、エストロゲンレベルは刻々と変動し、不規則になります。 プロゲステロンの分泌量は少なくなります(ただし、閉経後の55歳前後では低レベルで安定します)。 エストロゲンは、気分を調整する神経伝達物質であるセロトニンの産生に関係する。

気分の落ち込みは、多くの女性にとって加齢の一部ですが、気分の落ち込みを防ぎ、起きたときには対処するための手段を講じることができるのは良いことです。 多くの場合、健康的なライフスタイルが気分の落ち込みを防ぐ最初のステップとなります。

  • カフェイン、アルコール、スパイシーな食べ物を避ける
  • 果物、野菜、全粒粉を含むバランスのとれた健康的な食事をする
  • セラピストやカウンセラーに相談する
  • 十分な睡眠をとる
  • 定期的に運動する
  • ストレスに対する健全な対処方法を探す

この時期、気分障害もよくあることです。 睡眠不足は気分を悪化させますが、不安やうつの症状が、更年期によく見られる睡眠障害を助長することもあります。 更年期移行期には,新たにうつ病を発症したり,うつ病を再発させたりするリスクが大幅に高まります。

しかし、時には、あなたが行うすべてのライフスタイルの変更が十分でない場合があります。 特に、日常生活を楽しむことを妨げるようなひどい気分の落ち込みには、ホルモン療法が有効です。

  • ホルモン療法は、ひどい気分の落ち込みを改善することがあります。通常、最低量を最短期間で処方します(3年間治療を続けるまで、乳がんのリスクは増加しません。 一部の医師は、女性が最初にエストロゲンで治療されると効果が高まると指摘しています
  • ブラックコホシュ、深呼吸、場合によっては大豆などの補完代替医療(CAM)。 鍼治療やヨガ、太極拳、瞑想などの心身療法も含まれます
  • 低用量避妊ピルは、更年期に起こる卵巣の変動を抑制することができ、毎日一定量のエストロゲンとプロゲスチンを提供します

薬、ホルモン療法、CAMサプリメントの使用前に必ず医療従事者と相談してください。

コメントする