最も反応性の高い元素は何ですか?

元素の反応性は、その元素がいくつの電子殻を持っているかに基づいています。 電子殻の数が多いほど、外殻にある電子が原子核に持つ磁気的な吸引力は弱くなる。 したがって、化学的に魅力的な他の原子に容易に移動することができます (化学的に魅力的とは、外側の電子殻が不完全で、あと 1 つまたは 2 つ少ない電子数で完全なものになることを意味します。)。

ご存知のように、(y 軸に沿って)下に行くほど、元素はより多くの電子殻を持っており、希ガスを除けば、遷移金属は周期表で最も反応の少ないグループです(外殻のバランスが中程度であるため)、表の中央に向かって位置しています。 したがって、これらの元素から離れるほど、元素の反応性は高くなる。

アルカリ金属 (遷移金属や希ガスから遠く離れた場所に位置する) は、最も反応性の高い元素群です。 セシウムはこのグループの下から2番目で、6個の電子殻を持っているので、反応性原子の特徴をすべて満たしており、したがって最も反応性の高い元素といえます

アルカリ金属は、遷移金属や希ガスから離れたところに位置しています。

コメントする