朝顔の剪定。 朝顔の剪定の時期と方法

生産性が高く、多産で育てやすい朝顔は、一年草のつる性植物の中で最も人気のあるものです。 種によっては15フィート(4.5m)にもなり、あらゆるものに絡みつく。 花は午前中に開き、午後には閉じ、毎日たくさんの新鮮な花を咲かせます。

アサガオの剪定方法

アサガオの剪定で最も手間がかかるのが、枯れた花を取り除く「摘芯」です。 午後になって花が閉じると、再び開くことはなく、代わりに種子の詰まった実ができます。 種子を成熟させることは、つるの体力を消耗し、花の数を減らすことになります。

アサガオの花を摘み取るもう一つの重要な理由は、ツルが攻撃的になり雑草化するのを防ぐためです。 実が熟すと地面に落ち、その種が根を張ります。

アサガオの切り時期

夏が深まると、アサガオの植え替えが必要になることがあります。 ボロボロになってきたり、思うように咲かなくなったり。 そんなときは、つるを3分の1から2分の1程度に切り戻すと復活します。 このようなアサガオの刈り込みは、夏に行うのがベストです。

自分で種から育てた苗は、若いうちに切り戻しをしましょう。 本葉が2枚になったら、上の部分を2分の1~4分の3センチほど切り落とします。 側枝が伸びてきたら、その先端を摘み取ります。

USDAの耐寒ゾーン10と11では、アサガオは多年草として生育します。 冬から早春にかけて、多年草として育てたアサガオのつるを、地上から約15cmの高さに切り戻します。 こうすることで、古くなって疲れたツルを取り除き、丈夫で元気なツルを復活させることができます。

コメントする