民間軍事請負業者は傭兵と違うのか?

民間軍事請負業者(PMC)は、紛争地域をはじめ世界中で、情報収集、安全保障上の訓練、技術・技能支援、輸送などの分野で大きな役割を果たしています。

主にアメリカに拠点を置く企業や、イギリスの民間軍事請負業者は、アフリカ、中東、アフガニスタンなどの紛争地域を中心に世界中で活動しています。

ほとんどの場合、PMCと傭兵(お金のために戦うフリーランスの兵士)との関係は、世界の世論から疑問視されています。

しかし、傭兵は国際法によって禁止されていますが、PMCは合法と考えられています。

ジュネーブ条約

傭兵の使用と採用は、1989年の「傭兵の募集、使用、資金調達および訓練に関する国際条約」により法的に禁止されています。

傭兵とは、武力紛争で戦うために国内または海外で特別採用されるすべての人間と定義されます。 私利私欲のための徴用も禁じられています。 1989年の国際条約では、紛争当事者の軍隊に所属していない人は傭兵とみなされ、傭兵はすべての国にとって犯罪とみなされ、起訴または送還されるべきとされています。

しかし、この条約を批准した国はわずか35カ国で、2001年10月20日に施行されました。

しかし、2001年10月20日に発効したこの条約を批准したのは35カ国だけで、特にアメリカ、ロシア、イギリスといった大きな軍隊を持つ国々は、PMCを活発に利用しているため批准していないのです。

この産業は1000億ドル以上の価値があり、特に2001年9月11日のテロ以降、政治体制との強い関係により飛躍的に成長しました。

この分野の情報記録の不備、国際法の禁止を拒否する大国の主張、人権侵害、戦争による利益は、世界の平和に大きな脅威をもたらします。

PMCと傭兵は違うのか

PMC (private military contractors) も傭兵もお金のために働いています。 傭兵はお金を払えば誰でも雇える個人の兵士ですが、PMCは組織でこれらの人々を募集します。

傭兵は会社や国家、肩書きに縛られることなく、お金のためだけに戦います。

PMCは、職業軍人と政府との仲介役を果たします。

ジョージタウン大学のショーン・マクフェート教授(近刊『The New Rules of War』の著者)は、元業界関係者として、民間軍事産業についてTRTワールドに語りました。

ほとんどすべての民間軍人は、元兵士や国家警察の中にいます。それは、ショーン・マクフェイト氏が以前米軍の落下傘兵として勤務した後、アフリカの民間業者のために働いていたように、前提条件の訓練と関連する経験のためです。

マクフェイト氏は、「民間軍事産業と傭兵は、その違法性のために口コミで広がるビジネスです」と述べました。

彼はまた、「民間軍事請負業者になるスキルがあれば、傭兵にもなれる。 スキルセットは同じです。 唯一の違いは、誰がクライアントであるかということです。 しかし、この差別化要因さえも議論の余地があります。”

2013年9月26日のファイル写真で、元米軍狙撃手で民間傭兵となったジョセフ・ハンター(中央)はタイのバンコクで逮捕された後、タイ警察のコマンド部隊に拘束されているところです。 DEA捜査官の殺害を企てた罪ですでに20年の刑を受けたハンターは、2018年4月3日、ニューヨークのマンハッタンの連邦地方裁判所で、国際犯罪ボスのために不動産業者の暗殺を企てた罪で裁判にかけられた(AP)

従来の傭兵と比較して、PMCには戦車、ヘリコプター、飛行機などはるかに複雑で重い軍備があるが、傭兵には軽武装がある。

傭兵は一般的に前線での戦闘に配備されるのに対し、PMCの兵士は警備、物流、輸送、情報収集、ネットワーク、戦闘など、さまざまな分野で活躍できます。

どちらもカジュアルな民間人の服と特殊作戦服を組み合わせて着用し、傭兵の収入はPMC従事者のそれよりも多くなっています。

PMCは、国連の傭兵禁止令にもかかわらず、傭兵と協力し、彼らを採用することができます。

クライアントが企業を雇うとき、しばしばその企業は戦場で下請けを雇ったり作ったりして、任務遂行を手伝わせることがあります。 これらは業界では「サブ」と呼ばれ、彼らに対する説明責任はほとんどないことが多い。 実際、クライアントはサブコントラクターの存在も、その業務範囲も知らないのが普通だ」とマクフェイト氏は言う。

アフガニスタンで米国に空軍基地の警備を提供している英国の請負業者ArmorGroupは、「Mr White」と「Mr Pink」という名前の2つのアフガン軍事会社と下請け契約をしていました。

多くのPMCも、お金のためにそのサービスを販売する民間兵士の多民族の構成から見て、フリーランスのように思われます。

各国がPMCの利用を好むのは、軍隊の人材不足、コスト効率が良いという認識、縁故採用や政府との良好な関係、PMCが行った行為に対する責任を回避するため、民主主義機関の統制を避けるため、内政干渉をするため(ほとんどが外国)など、いくつかの理由があるようです。

情報が不足しているため、民間軍事部門の市場規模を知ることは不可能です。 したがって、この部門でどれだけの人が採用されているかを知ることは不可能である。

説明責任

たとえPMCがその事業の本拠地である国の法律に拘束されるとしても、母国以外の地域で活動する場合、その行為の合法性は疑問視されます。

たとえば、イラクのアメリカの請負業者は地元の法律には拘束されず、管轄が及ばないかもしれないので必ずしもアメリカの法律の適用を受けないかもしれません。

この結果、それぞれの軍法に違反した場合に軍法会議にかけられる一般兵と比較して、説明責任の欠如が生じます。

McFateは、PMCの説明責任と透明性に関する大きな懸念を強調しています。 「しかし、公平に見て、世界の多くの国の軍隊も腐敗と不処罰に悩まされています。

2004年、イラクの悪名高いアブグレイブ刑務所で、米国の請負業者であるCACIインターナショナルによって、イスラム教徒の囚人が拷問されました。 しかし、CACIインターナショナルは処罰を免れ、米国と2300万ドル相当の契約を継続しました。

この画像は、サブリナ・ハーマン軍曹(中央)とチャールズ・グラナーJr.上等兵が人間のピラミッドの中に入れられ、頭上に袋をかぶせられた裸の収容者たちを示しているものです。 (AP)

英国の軍事請負会社イージス社の元従業員は、イージス社のメンバーがイラクの民間車に機関銃で発砲する様子を映したいわゆる「トロフィービデオ」を投稿しています。 事件後、イージス社は調査を行いましたが、請負業者は「合法的な」活動であったと述べています。

ブラックウォーターは現在アカデミと呼ばれており、民間業者の中でも最も波瀾に富んだ歴史を持っている。

2007年9月には、ブラックウォーターの兵士の一部がバグダッドで市民に発砲したとされ、この事件で17人の市民が死亡し、多くの人が負傷した。

ブラックウォーターの従業員は、反政府武装集団による「車の爆破」に対して発砲したと言って、自分たちを擁護しました。

しかし、調査や目撃者によると、標的となった車の乗客には夫婦と子供が含まれていたそうです。

Erik Prince, founder of Blackwater USA, is escorted by a Capitol Hill police officer before giving his testimony with the House Oversight Committee hearing, Tuesday, 2007, which is examining the private military contractor Blackwater in Iraq and Afghanistan.(AP)

増大する脅威

マクフェイトは、傭兵の世界は増大し、人々が知るよりもはるかに危険だと述べている。

「これは意図的なもので、傭兵はもっともらしい否認と陰での殺傷力を売り物にしているからです」とも述べています。

McFate氏はまた、「傭兵の最大の売り物の1つはその秘密主義です」と、民間軍事産業の規模の不確実性を強調しています。

マクフェイト氏は、「2月に、ロシアに雇われた500人の傭兵が、東シリアでエリート米兵のグループをほぼ一掃した」と例を挙げています。 アメリカ人はデルタフォース、レンジャー、グリーンベレー、海兵隊、B-52、F-22、F-15、AC-130ガンシップ、アパッチヘリコプター、ドローンを招集し、それでも500人の傭兵を打ち返すのに4時間-4時間-かかったのだそうです。 これがアメリカの精鋭だったのです」

ここで疑問が生じます。アメリカ空軍に支援されていない非精鋭部隊が、1000人、5000人の傭兵と戦わなければならない場合、何が起こるのでしょうか。

「傭兵の脅威は重大な懸念である」と、彼は結論付けています。

コメントする