目覚めの悪夢:睡眠麻痺の謎

睡眠麻痺は、私たちが思っている以上によくあることです。 2016年の研究では、「驚くほどよくある」と宣言していますが、研究者と研究参加者の間で、何を睡眠麻痺と数えるかの理解が異なるため、「正確な有病率を決めるのは複雑」だといいます。

Share on Pinterest
この点に関してかなりの研究が行われていますが、誰が睡眠麻痺の危険に最もさらされているかについては、依然として不明です。

しかしながら、最近の入手データのレビューによれば、7.

何が睡眠麻痺を引き起こすのか、そして、そのようなエピソードを経験する主なリスクは何かは、依然としてほとんど謎のままです。

睡眠麻痺は、神経疾患である「ナルコレプシー」の一般的な症状で、起きている間中、制御不能な眠気に襲われるのが特徴です。

しかし、睡眠麻痺を経験する多くの人は、神経疾患とは無関係に起こります。

再発する孤立性睡眠麻痺は、思春期に始まることが多く、学生の約 28.3% が経験しているようです。

さらに、「睡眠衛生」が悪い人、たとえば、睡眠時間が長すぎる人、短すぎる人も、睡眠麻痺を経験しやすいかもしれません。 Sleep Medicine Reviewsに掲載されたシステマティックレビューの著者らは、次のように記しています:

「特に、睡眠時間が過度に短い(6時間未満)または長い(9時間以上)、昼寝、特に長時間(2時間以上)は睡眠麻痺の確率上昇と関連していました」。”

「自己申告の睡眠潜時が長い(30分以上)、入眠困難は睡眠麻痺を報告する可能性の増加と関連していた」と彼らは付け加えています。

精神衛生上の問題が原因か

睡眠麻痺に関連する幻覚のほとんどが恐ろしいものであることを考えると、多くの人が、うつ病や不安などの精神衛生上の問題を経験している人は、こうした体験をしやすいのではないかと考えています。

『Sleep Medicine Reviews』に掲載された研究によると、「脱人格化、脱現実化、記憶喪失を含む覚醒状態の解離体験のレベルは、睡眠麻痺の頻度と3つすべての幻覚タイプの頻度/強度の両方に関連していることがわかった」そうです。

しかし、他の神経疾患や精神疾患との関連はより不明です。

『Consciousness and Cognition』誌に掲載された研究の著者は、これまでの研究で、双極性障害、心的外傷後ストレス障害、うつ病、パニック障害、全般性不安障害など、いくつか挙げましたが、これらが睡眠麻痺に関与しているかもしれないというケースを作ってみようとしたと指摘しています。

しかし、彼らは利用可能なデータの分析により、「主要な精神病理学との一般的な関係はない」ことを明らかにしたと報告しています。

その代わりに、彼らは睡眠麻痺の最も一般的な「症状」、つまり恐怖感を誘発する感覚的な存在の幻覚に注目し、それと彼らが「消極的社会イメージ」と呼ぶものの間に関連があるかもしれないと説明することにしたのです。「

受動的社会的イメージとは、社会的に不安になりやすく、恥ずかしい状況や苦痛を伴う社会的状況で、虐待を受ける受動的な犠牲者として自分を想像しやすい人の経験を指します。

これらの人は、存在感の幻覚によって苦痛を感じるリスクが高いようだと研究者は指摘しています。

コメントする