絞り優先モードのアシストを受ける

絞り優先の他の素晴らしい使い方。

晴れた日の撮影で、被写界深度を一定に保ちたい場合、絞り優先が有効です。 「日中の光量が十分であれば、シャッタースピードはそれほど気になりません」と写真家のNick Mendez氏は言います。 「このフレームで何人の被写体にピントを合わせたいのか? 被写界深度によって何を伝えたいのか?

逆に、光量が少ないために絞り開放で撮影している場合は、絞り優先で理想的なシャッタースピードを選択し、必要な光を取り込み、ブレを軽減させることができます。 しかし、絞り優先は写真家としての生活をシンプルにするものであり、クリエイティブな目標に集中するためにテクノロジーに頼ることができるツールなのです。 「構図が決まっていて、ライティングがそれほど難しくない場合は、絞り優先がとても便利です」と写真家のデレク・ボイドは説明します。 被写界深度を優先し、「私はこうしたいので、あとはカメラに任せてください」と言うのです。

一貫した良い照明で動いている被写体を撮影する場合、絞り優先は、カメラが正しいシャッター速度で動いているものを凍結させるのに役立ちます。 写真家のジャスティン・ベイリーは、「アクションを撮るときは、すべてが常に変化しています」と言います。 「絞り優先の場合、カメラの設定ミスで何かを完全に見逃してしまう可能性を最小限に抑えることができます」

コメントする