聖書は、子どものような信仰を持つように指示しているのですか?

質問です。 「聖書は私たちに子供のような信仰を持つようにと教えているのでしょうか。

そして、そして、そして、そして、そして、そして、そして、そして、。 また、そのような信仰を持つことが、絶対的な必要条件であることが、聖書を通して説かれています。 また、そのような信仰を持つことで、より良い人生を送ることができます。 ヘブル11章全体は、信仰とそれを持つ人について書かれています。 エペソ2:8-9にあるように、信仰は神からの贈り物であり、私たちが自分で考え出したものではありません。

このように、信仰は神から授かったものであり、また、信仰は神の武具の一部であり、「悪い者の放つ矢」から身を守るための盾なのです(エペソ6:16)。

そして、そのような信仰を持つようになるためには、「幼な子のようになりなさい」と言われています。 このイエスの言葉の背景には、弟子たちの「では、天の御国で一番偉いのは誰ですか」という問いがあります。 (という質問である(1節)。 それに対して、イエスは「幼な子を呼び寄せ、その子を彼らの間に置いた。 あなたがたも、幼な子のようにならなければ、決して天の国に入ることはできません。 だから、この子のように低い位置につく者は、天の国でいちばん偉いのです。 そして、私の名によってこのような一人の子供を迎え入れる者は、私を迎え入れるのです』」。 (
そこで、弟子たちが天国で「偉くなる」とはどういうことかということに注目していると、イエスは「上」は「下」であるという新しい視点を提供します。

そして、このような「天上天下唯我独尊」的な考え方は、「天上天下唯我独尊」的な考え方と言えるでしょう。 イエスは弟子たち(そして私たち)に、信仰に加えて子供のような慎み深さを持つようにと勧めています。 最も低い位置に喜んでつく者は、天の目には最も偉大な者と映るのです。 幼い子供は野心もプライドも傲慢さもありませんから、私たちの良い模範となります。 子どもは謙虚で教えやすいという特徴があります。 プライドや偽善に走ることもありません。
マタイ18:1-5には信仰は出てきませんが、人を天国に導くのは謙遜だけでなく、神の子に対する信仰であることが分かります。 このように、「信仰」というのは、「謙虚」であり、「気取らない」ものであり、「子供のような信仰」とも言えるでしょう。 イエスは子供たちを祝福しようとしたとき、「幼な子を私のところに来させ、妨げてはならない。神の国は、このような者たちのものである」と言われた。 まことに、あなたがたに告げますが、幼な子のように神の国を受け入れない者は、決してそこに入ることはできません」(マルコ10:14-15)。 子どもはどのように贈り物を受け取るのでしょうか? 素直に、正直に、喜びをもって。 このように、「汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝、汝」である。 イエスは謙虚で素直な神への信仰を奨励し、子供の無邪気さを手本にされました。 私たちは子供の信仰を真似て、ただ神の言葉を信じるべきです。 子供が地上の父親を信頼するように、私たちも「天の父は、求める者に良い贈り物をくださる」(マタイ7:11)と信頼すべきなのです。

コメントする