近視矯正の治療オプションとは

Beth Longware Duff著、Gary Heiting, ODレビュー

近視(近視)によるかすみ目を効果的に矯正する治療オプションがいくつかあります。

まず、近視に関するいくつかの基本的な事実を説明します。

近視は、幼少期に眼球が長くなりすぎることが原因です。

近視は、幼少期に眼球が伸びすぎたことが原因です。そのため、目に入った光の焦点が早く合い、網膜に直接ではなく、手前に焦点が合います。 この焦点のずれにより、遠くがぼやけて見えるのです。

近視矯正の治療法には、次のようなものがあります。

  • メガネ

  • コンタクトレンズ

  • オルソケラトロジー

  • LASIK およびその他の視力矯正手術

通常、近視は子供の頃、さらには高校、大学まで進行しています。 近視がまだ変化している間は、メガネやコンタクトレンズが最適な治療方法です。

もうひとつの選択肢は、オルソケラトロジー(オルソK)です。 これは、軽度から中等度の近視を一時的に矯正するために、目の角膜の形を変える特別なデザインのコンタクトレンズを装着することです。 オルソ・Kのレンズは、夜間の睡眠時にのみ装用します。 朝、レンズを外すと、角膜の形状が保たれており、日中は矯正レンズなしでクリアな視界を得ることができます。

また、Ortho-kは近視をある程度コントロールする効果もあることが確認されています。 つまり、オルソケラトロジーを数年後に中止しても、戻ってくる近視の量は、オルソkレンズではなく、子供の頃に眼鏡や通常のコンタクトレンズを使用していた場合に予想される近視よりも少ない傾向があるのです。

近視の治療法としてオルソケラトロジーを知らない人は多いですが、日中矯正レンズをつけたくない人、レーシックには若すぎる人、他の理由でレーザー視力矯正に適していない人には、非常に良い選択である場合が多いのです。

近視が安定すると(通常18~20歳以降)、レーシックやその他の外科的視力矯正術も近視矯正の良い治療選択肢となります。

あなたやあなたの子供が近視で、最後の眼科検査から1年以上経っている場合は、近くの眼科ですぐに検査を予約しましょう。

ページ更新 2019年6月

.

コメントする