3 Reasons To Shoot In Manual Mode

あなたはおそらく、カメラをマニュアルモードで撮影するべきだということを何度も聞いたことがあると思います。

しかし、マニュアル モードとは何でしょうか、そしてなぜそれがあなたの写真にとってそれほど重要なのでしょうか?

マニュアルモードはカメラの主要な設定の1つで、シャッタースピード、絞り、ISOを手動で制御できます。

これら3つの設定は、写真の明るさや暗さ(露出として知られています)を制御し、画像全体の外観を変更します。

超重要!シャッタースピード、絞り、ISOをコントロールすることは、写真撮影を始めたばかりの方にとっては、とても大変なことです。

ここで、ここで言うべきかはわかりませんが、大きな秘密があります…素晴らしい写真を撮るために、マニュアルモードでの撮影方法を知る必要はありません。 えーっ!

マニュアルモードは、写真の外観をより詳細に制御することができるようになります。

では、カメラが自動的に設定を調整してくれるのに、なぜマニュアルモードでの撮影を学ぶのでしょうか。

なぜなら、マニュアルモードは、写真の外観をはるかにコントロールすることができるからです。

それでは、マニュアルモードで撮影することの主な利点と、それがどのように写真の見栄えを良くするのに役立つかを見ていきましょう!

クリエイティブなコントロールを行う

マニュアルモードで撮影する最大の利点は、絞りやシャッタースピード、そして一般的な明るさをクリエイティブにコントロールできることです。

マニュアルモード ISO 100, 50mm, f/1.6, 1/500s

絞り

絞りをマニュアルでコントロールすると、画像の被写界深度をよりコントロールすることが可能になります。 (つまり、画像のどの部分までピントが合っているかということです。) これは、ポートレートを撮るときに非常に便利です。

一方、より多くの写真にピントを合わせたい場合は、より小さな絞り(大きなF値)を選択するとよいでしょう。 風景写真のように、前景と背景の両方にピントを合わせたい場合など、さまざまな場面で役立ちます。

IMG_7805 ISO 500, 37mm, f/8.0, 1.3s

シャッター速度

シャッター速度をコントロールできることは、動きをより創造的にとらえるのに役立ちます。 シャッタースピードを遅くすることで、被写体ブレのある写真を撮ることができます。 例えば、夜の街で光の軌跡を描く車や、水の流れが滑らかな滝などを撮影してみましょう。

あるいは、子供が空中でジャンプしているような、ある種のアクションを完全にフリーズさせたいこともあるでしょう。

あるいは、子供が空中でジャンプしているような、ある種のアクションを完全に凍結したい場合、速いシャッタースピードを使えば、その瞬間の時間を凍結できます。

露出

画像全体の明るさを(シャッタースピード、絞り、ISOを手動で)調整することもあります。

例えば、シルエットの撮影です。明るい背景の前に被写体を立たせ、わざと露出を下げて被写体を暗く見せるのです。

この2つの異なるシナリオは、それぞれ特定のアプローチで設定を選択する必要があり、あなたが望む外観を得るために! しかし、露出のコントロールが有効なのは、シルエットや星の写真のような特殊な状況だけではありません。 もっと広く言えば、写真の明るさは個人の好みであり、芸術的な選択でもあります。 画像の露出を選択できることは、メッセージを伝えるための大きな要素です!

IMG_8536 ISO 125, 200mm, f/7.1, 1/500s

難しい照明状況に対応する

さて、マニュアル モードでの撮影を学ぶべき大きな理由がここにあります。 カメラのオートモードでは対応できない難しいライティングシチュエーションがあるのです!

照明状況によっては、カメラの自動モードでは対処が難しい場合があります

最大の問題は逆光時の状況です。 被写体の背後にある光が被写体自身よりもはるかに明るい場合、カメラはより明るい光を捕らえるために設定を調整しようとします。 その結果、被写体は完全に露出不足となり、見えにくくなります。

上記の逆も、カメラのオート設定では露出を正しく設定することが難しい場合があります。

上記とは逆に、カメラの自動設定による適正露出が難しい場合もあります。

自動モードで撮影したことがある人、あるいはカメラ付き携帯電話で撮影したことがある人なら(ほとんどの場合、自動モードで撮影するので)、こうした状況がどれほどイライラさせられるか、よくわかると思います!

幸いなことに、私のような不機嫌なフォトグラファーには、解決策があります。 そうです。 マニュアルモードです。

もうひとつの典型的な問題は、低光量での撮影です。 ほとんどのカメラのオートモードは、ほんのわずかな暗さでもカメラのフラッシュが作動するように設計されているようです。 しかし、オンカメラ・フラッシュは非常に見栄えが悪いのです! マニュアルモードで撮影する場合、カメラのISO感度を高く設定することができます(センサーの感度を上げる)。

DSCF1307 ISO 200、35mm、F1.5。4, 1/8000s

一貫した露出を得る

オートモードで撮影している場合、一枚一枚の写真の明るさや暗さをカメラに決めてもらっていることになります。

基本的にカメラには、レンズを通して入ってくる光を測定するライトメーターが内蔵されています。

基本的に、カメラにはレンズを通して入ってくる光を測定する光量計が内蔵されており、オートモードでは、光量計の情報をもとに、シャッタースピード、絞り、ISOの理想的な設定を決定し、写真を撮るときに良い露出になるよう努めます。 カメラを動かしたり、被写体が動いたり、照明が変わったりしてフレームが変わると、露出も変わることがあります。 つまり、同じシーンで次々に撮影した2枚の写真の露出が大きく異なることがあるのです。

しかし、マニュアルで撮影すれば、シャッタースピード、絞り、ISOの設定は、自分が変えない限り、毎回変わることはありません。

露出を一定にすることは、一見大したことではないように思えますが、それが写真撮影にどのような影響を与えるかを考えてみてください。

一貫性のある露出を得ることは、プロとして撮影する場合に特に重要です。 アルバムやギャラリーの一連の写真の明るさが一定でないと、かなりひどい印象を与えます。 編集で修正できる場合もありますが (特に Raw で撮影している場合)、カメラで簡単に修正できたはずの間違いを編集で修正するのは、時間の浪費です。

DSCF2193 ISO 4000, 16mm, f/2.8, 16.0s

マニュアルモードで撮影するためのヒント

うまくいけば、マニュアルモードで撮影することがいかに素晴らしいかを理解していただけると思います! 画像の外観をよりコントロールすることができ、思い通りの写真を撮るためにカメラと格闘する必要もありません!

時間がかかる

最初に知っておくべきことは、マニュアルモードでの撮影に慣れるまで、特に写真を学び始めたばかりの頃は、少し時間がかかるかもしれないということです。 構図、照明、被写体の相互作用など、考えなければならないことがたくさんあり、絞り、シャッター速度、ISO も常に念頭に置いておくのは大変です。

私たちが初めて撮影したとき、実は長い間マニュアル モードから遠ざかっていました。

私たちが初めて撮影したとき、実は長い間マニュアルモードから遠ざかっていました。

しかし、心に留めておくべき重要なことは、最終的には自然で直感的な感覚になるということです!

しかし、覚えておいてほしいのは、最終的には自然で直感的な感覚になるということです!十分に練習すれば、素早く簡単に設定を調整できるようになるでしょう。

プログラム モードから始める

写真を始めたばかりなら、マニュアル モードに徐々に移行するのがよいでしょう。 まずはプログラムモード(通常「P」)で撮影することから始めるとよいでしょう。 これはオートモードのようなものですが、露出補正にアクセスできるようになります。 露出補正は、撮影中にダイヤルを上下させることで、自動設定よりも明るくしたり暗くしたりすることができます。 プログラムモードで撮影しているときに、写真が暗すぎるようであれば、露出補正を大きくして、もう一度撮影すれば、明るくなります。

絞り優先モードに切り替える

プログラムモードに慣れてきたら、今度は絞り優先モードに切り替えてみましょう。 絞り優先モードでは、絞りとISOを設定しますが、シャッタースピードはカメラが自動的に設定します。 絞り優先モードは使いこなすのが簡単で、被写界深度のコントロールがしやすくなります。 また、絞り優先モードでは露出補正も可能なので、明るさのコントロールもできます。 これで、少しはコントロールできるようになりましたね! 見てください。

絞り優先モードとマニュアルモード

さて、私は、マニュアルモードよりも絞り優先モードを使った方が良い場合があると思います! 光の状態がとても速く変化する (または、さまざまな照明条件の中を移動する) ため、手動で設定を調整しようとすると、撮影を逃してしまうことがあります。 フォトジェニックな写真を撮るとき、様々なシーンでこのようなことがよくあります。 だから、マニュアルモードだけが唯一の方法だとは思わないでください。 大切なのは、どのモードでも快適に撮影できること、そして状況に応じて最適なものを選ぶことです!

大切なのは、どのモードでも快適に撮影できること、そして状況に応じて最適なものを選ぶことです!

マニュアルモードの撮影方法を学ぶ

マニュアルモードの撮影方法を学んでワクワクしていますか? 素晴らしい!

このチュートリアルはマルチメディアで構成されており、作例写真やイラスト、動画が満載で、この重要なスキルを簡単に学ぶことができます!

マニュアルモードでの撮影を学びたいですか?

絞り、シャッタースピード、ISO を完全に理解し、毎回完璧な設定を見つけるための 3 つのステップを学び、フォーカス、レンズ、ホワイトバランスなど、すべてを学ぶことができます!

これは、私たちが初めてカメラの使い方を学んだときに持っていればよかったガイドであり、すぐにマニュアル モードで撮影できるようになるでしょう。

これは、私たちがカメラの使い方を初めて学ぶときにあればよかったと思うガイドで、すぐにマニュアルモードで撮影できるようになります。

コメントする