Are Hot Bath Putting Your Skin at Risk?

長く、過酷で、寒い冬の一日の後に入る熱い風呂ほど素晴らしいものはありませんよね? しかし、それは間違いです。 熱いお湯は肌に心地よく感じるかもしれませんが、実は肌に害を与えており、天然のオイルを奪い、湿疹などの症状を悪化させ、炎症を引き起こす可能性さえあるのです。 熱いお風呂にゆっくりつかるのはいいことですが、肌へのリスクを考えると、その価値はないでしょう。

入浴時間を制限する

最初にできることは、入浴時間を制限することです。 熱いお湯に長くつかるほど、肌へのダメージは大きくなります。 そのため、10分程度かそれ以下に制限してみてください。

水にオイルを加える

お風呂は肌を乾燥させることで知られていますが、お湯にオイルを加えるのもよいでしょう。 皮膚科医の中には、乾燥肌を防ぎ、体が自然な油分と水分を維持できるように、オートミール風呂に入ることを勧める人もいるほどです。

肌の角質を取り除く

スキンケアに欠かせないもうひとつの習慣は、特に乾燥肌が気になるときの角質除去です。 角質を除去することで、古い細胞が取り除かれ、毛穴の詰まりが解消され、保湿の機会が生まれます。

冷水やぬるま湯のシャワーを使ってみよう

入浴を楽しむ一方で、冷水やぬるま湯のシャワーは、健康上の利点に直接つながっていると言われています。 冷たい風呂は体を目覚めさせるのに役立ち、疲労を軽減し、精神的な覚醒を改善することが示されています。 また、冷水をうつ病の治療に利用することもできます。

肌にやさしい洗顔料、保湿剤、オイルを使う

熱いお風呂を避けるもうひとつの理由は、酒さや肌の赤みに悩まされている場合です。 熱はこれらの状態を悪化させるようです。 寒い季節や熱いお湯で起こる赤みや乾燥に対抗する優れた方法は、肌に優しい洗顔料や保湿剤、その他のエッセンシャルオイルを使用することです。

体を温める健康的な方法を見つけよう

美しく心地よいお風呂が、肌の健康に害を与えていることに気づいて動揺することもありますが、この冬、体を温めてリラックスする方法はほかにもあります。 たとえば、重ね着をしたり、毛布にくるまったり、愛する人と添い寝をしたりすることができます。 ただし、傷つきやすい素材は避け、柔らかい素材や綿の素材を使用することをおすすめします。

コメントする