Custody Rights for Fathers In Florida

父親の子供に対する法的権利は複雑で圧倒的ですが、私たちがお手伝いします。

子供の親権、養育費、面会権は、家庭裁判所の裁判官が決めるべき難しい法律の領域です。

子供の親権、養育費、面会権などは、家庭裁判所の裁判官にとって判断の難しい分野です。両親ともに、自分が子供の「親権」を持つべき最高の親だと熱狂的に信じている場合、悲惨で費用のかかる、非常に感情的な体験となることがあります。

これは両親のためだけでなく、子どもや子供にも影響します。

子どもと離婚に関する有益な無料ガイドをダウンロードする

フロリダにおける父親のための面会権

フロリダでは、面会権は現在、タイムシェアリングの法律になっています。 これは、あなたが授与されるタイムシェアの量が、あなたの養育費の支払いに影響することを意味します。 これはまた、子供との面会に関する現在の順序を変更することがはるかに容易になることを意味します。

あなたとあなたの元配偶者は、訪問スケジュールの変更に同意することができますが、それが強制される前に、あなたは合意(子育て計画)が裁判所によって承認されなければなりません。

父親はフロリダで権利を持っていますか

はい。 過去数年間、フロリダは彼らの子供に関する男性の平等のための激戦を経て(そして勝利)ベンしてきたのです。

離婚や父子関係のケースで与えられる時間共有の取り決めに関して、フロリダ州の法律では全面的な見直しが行われました。

Can A Father Get Custody Of His Child In Florida?

フロリダでは、どちらかの親が単独で親権を取得することは稀です。 しかし、それは不可能ではありません。

したがって、父親がフロリダで完全な親権を得るためには、彼は母親に任意の親権を与えることは関係する子供に有害であることを裁判所に示さなければならない。 母親が父親と子供の関係を損なう可能性があること、または彼女が裁判所の命令によるタイムシェアリングプランを遵守する可能性が低いことを示すことは、父親のための完全な親権をもたらす可能性のある状況の2つの例です。

子供に対する父親の法的権利

フロリダにおける親権のための父親の権利

クリックでチャット フロリダ州の親権(別名タイムシェアリング)とは、子供に対する父親の法的権利です。 Sharing Schedule and Parenting Plans)では、裁判所が子どもの親権を決定する際に、「子どもの最善の利益」を考慮することを義務付けています。

簡単なようでいて、多くの要素が含まれており、かなり複雑です。

これらの多くの異なる要素を考慮した後、裁判所はペアレンティングプランの決定を下します。

Florida child custody issues:

  1. 親密で継続的な親子関係を促進・奨励し、タイムシェアリングスケジュールを尊重し、変更が必要な場合は合理的であるように、それぞれの親の示された能力と性質。
  2. 親の責任がどの程度まで第三者に委ねられるかを含む、訴訟後の親の責任の予想される分担。
  3. 親のニーズや願望ではなく、子供のニーズを決定し、考慮し、行動する各親の実証された能力と性質
  4. 子供が安定し満足できる環境で暮らしてきた期間と継続性の維持の望ましさ
  5. 学齢児童のニーズと子育て計画を実現するための移動時間に特に注意を払った、子育て計画の地理的実行可能性
  6. 親と子の関係を維持するために、親と子の関係を維持するために、親と子の関係を継続させるために、親と子の関係を継続させるための方法。
  7. 両親の道徳的な適性
  8. 両親の精神的、身体的健康
  9. 子供を持つ親の転居に対する推定を生じさせるものではありません。
  10. 子供の家庭、学校、地域社会の記録
  11. 子供の妥当な希望(子供が希望を表明するのに十分な知能、理解、経験を有していると裁判所が判断した場合)
  12. 子供の友人、教師、医療関係者、日々の活動、お気に入りのものなど(これらに限定しない)未成年の子供の状況について知らされる、それぞれの親の示された知識、能力、気質

    子供と一緒に転居することに対する推定

  13. 両親のうち、どちらかが転居を希望している場合は、その希望に沿うようにする。
  14. しつけや宿題、食事、就寝時間など、子供に一貫した生活習慣を提供する各親の能力および気質の実証。
  15. 未成年の子供に関する問題や活動について相手側の親と連絡を取り、常に情報を得る各親の能力、および子供に対処する際にあらゆる主要な問題について統一見解を示す各親の意欲の実証。
  16. 家庭内暴力、性的暴力、児童虐待、児童遺棄、または児童放置の証拠で、これらの問題に関する訴訟が以前に提起されたか未解決かには関係ない。
  17. いずれかの親が、家庭内暴力、性的暴力、児童虐待、児童遺棄、または児童放置に関する過去または係争中の訴訟について、故意に裁判所に虚偽の情報を提供した証拠。
  18. 各親が慣習的に行っている特定の子育てタスクと、子育て責任が第三者によって引き受けられた程度を含む、訴訟の開始前および係争中の子育て責任の分担。
  19. 子供のために薬物乱用のない環境を維持する、それぞれの親の示された能力と気質。
  20. 子供と訴訟について話し合わない、子供に訴訟に関する文書や電子媒体を共有しない、子供にもう一方の親を中傷する発言を控えることによって示される、進行中の訴訟から子供を保護する、それぞれの親の能力と気質。
  21. 子供の発達段階とニーズ、および子供の発達ニーズを満たすためにそれぞれの親が示した能力と気質
  22. タイムシェアリングスケジュールを含む、特定の子育て計画の決定に関連するその他の要因

時には子育て評価が命じられることもあり、訴訟代理人保護者が指名されることもあります。

親権者の決定において裁判所を支援するために、独立した調査が命じられ、報告書が提出されることがあります。 これはほんの一部のリストです。

裁判所は、子供の最善の利益を決定するために、証言を含むヒアリングで提出された他のすべての証拠を使用することができます。

子供の最善の利益を決定する方法はありません。個々のケースにおいて、要因が状況に応じて公平に適用されているかどうかを判断する正確な方法はありません。

出生証明書に名前がない場合、父親にはどんな権利がありますか

あなたの状況が、子供の出生証明書にあなたの名前がない場合、他の要因によって異なる結果を得ることができます。

たとえば

  1. 未婚の母から子供が生まれ、出生証明書に父親として名前がない。
    a.このシナリオでは、子供には法的な父親がいません。
    b.この状態の子供はかつて「落とし子」として知られていましたが、この言葉は長年にわたって変容しています。

    そして、このような弊順の弊順は、弊順の弊順が弊順の弊順を凌駕するような弊順の弊順である。

  2. 結婚していない母親から子供が生まれ、X が出生証明書の父親として指名される。
    a.X は法的な父親である。
    a.夫は法的な父親である。
    b.子供は嫡出子である
  3. 結婚している母親から子供が生まれ、出生証明書に父親として名前がない。
    a.夫は法的な父親だが、母親の協力なしでは証明しにくいかもしれない。
    b.The child is legitimate
  4. 結婚している母親から子供が生まれ、夫ではないXが出生証明書に父親として記載されている
    a.Xは法的な父親だが、夫がXに代わって法的父親になる可能性がある
    b.Xは法的な父親ではない
    c.Xは法的な父親ではない
    d.Xは法的な父親になる可能性がある
    d.Xは法的な父親になる可能性がある。子供は嫡出子である

この問題については、記事「フロリダの親権ケースにおける父親の権利」

子育てクラス

フロリダでの父親のための子育てクラスです。

両親は離婚の前にペアレンティングクラスに参加しなければなりません。

これは裁判官の目から見て、あなたのケースの最も重要な部分です。 フロリダの法律では、両方の親は、離婚する前に子育てクラスに出席しなければなりません。

この変化は、短期的なものだけでなく、長期的なものでもあります。

この変化は短期的であると同時に長期的なものです。あなたは子供に関して、今後何年にもわたって元配偶者と付き合っていかなければなりません。

子どもは「あなたの」子どもではなく、「私たちの」子どもであることを常に忘れないようにしましょう。

父親の親権変更

タイムシェアリングと面会交流の変更は、裁判所によって最終決定がなされた後に可能です。

立証責任は、タイムシェアリングの取り決めを変更したい親にあります。 親権を持たない親は、最後の命令が入力されたので、状況の重要かつ重大な変更があったことを証明する必要があります。

これは法律の非常に技術的な領域であり、あなたの現在の親権(タイムシェアリング)配置を変更することができるかどうかを判断するために弁護士に連絡する必要があります。

Again, make sure that if you enter into any agreements regarding the custody (time sharing) of your child(ren) it is important that you understand your legal rights prior to signing the agreement.

Contact The Men’s Rights Law Firm attorneys specializing in Custody Rights for Father’s, to schedule your free consultation and learn more about Men’s Rights In Divorce. Or call us today at 239-829-0166.

Our Areas Of Practice Include:

  • Men’s Rights
  • Domestic Relations (Florida Family Law)
  • Domestic Violence towards Men
  • Men’s Rights in Divorce
  • Parenting Plans
  • Father’s Rights to Visitation (Time Sharing)
  • Father’s Rights in Child Support
  • Paternity Rights for Men
  • Father’s Rights in a Dependency Action

コメントする