Día De La Candelariaの本当の意味とは?

「ラ・カンデラリア」のお祝いは、正式には「カンデラリアの聖母の祝祭」または「カンデラリアの祭」として知られており、15世紀初頭にスペイン南西部のカナリア諸島のテネリフェ島にラ・カンデラリアの聖母が出現したことを祝う祭事です。

メキシコでは、「Rosca de Reyes」で「エル・ニーニョ」を手に入れた人は、トウモロコシを使った料理「タマーリ」と「アトレ」を作らなければならない習慣があります。 この伝統は先スペイン期のもので、多くの村人が新しい農業サイクルのために種を植えた後、作物を祝福してもらうために教会にトウモロコシを持ち込んだからです。

メキシコ中央部では、人々は赤ん坊のイエスの置物を着せ替え、ミサに持って行き、その年の残りの間、彼が「住む」龕の中に置くのである。

メキシコの中央部では、人々は赤ん坊のイエスの置物に着せ替え、ミサを行った後、その年の残りの期間、彼が「住む」場所に置きます。 赤ちゃんイエスの世話をする人は、通常、訪問客に対して常にオープンでなければならず、イエスを見に来た人に食べ物を分けなければならない。

ペルーでは、Fiesta de la Candelariaはプーノ市の守護聖人であるカンデラリアの聖母を称える祭りであり、文化、音楽、ダンスにおいて国内最大の祭りの一つです。

  • 846票
846票

846票

846票

div

コメントする