Earth’s Strongest, Most Massive Storm Ever

1979年10月12日に、スーパー台風チップの中心気圧は870 mb (25.69 inches Hg) まで下がり、地球上で観測された最低海面気圧となったと NOAA は発表しています。

比類なき強さだけでなく、超大型台風チップはその巨大さでも記憶されています。

卓越した強さだけでなく、超大型台風チップはその巨大さでも知られています。チップの循環直径は約 1,380 マイル (2,220 km) に及び、地球上で最大の嵐の記録を打ち立てました。 その巨大な直径は、ニューヨークからダラスまでの距離と同じです。

合計40個の米国台風が発生しました。

台風チップは、1979年10月19日に日本の南部に上陸する前に、ゆっくりと弱まりました。

台風12号は、1979年10月19日に日本の南に上陸し、徐々に勢力を弱めましたが、この台風は過去10年以上にわたって日本の本州を襲った最も強烈な台風でした。

強風がガソリンの貯蔵タンクを倒し、爆発と火災を引き起こし、富士山のアメリカ海兵隊キャンプに急速に広がりました。

史上最強の台風「ティップ」

大規模な洪水により、日本では2万棟以上の家が倒壊し、土砂崩れは数百件発生しました。

High-rise buildings in Tokyo swayed from the high winds as the typhoon struck.

Typhoon Tip, strongest Typhoon everImage of Typhoon Tip at its strongest on Oct. 12, 1979, from NOAA.

From AccuWeather.com (find the original story here); reprinted with permission.

コメントする