Is Your Child Waking Up Too Early?

お子さんがいつも早起きしている場合、たとえば午前4時や5時など、あなたとお子さんの両方に大打撃を与える可能性があります。 夕食の時間には、誰もが不機嫌になり、途方に暮れてしまいます。

Cleveland Clinicは、非営利の学術医療センターです。

Cleveland Clinicは非営利の学術的医療センターで、当サイトの広告はその使命を支援するものです。

「私たちの睡眠習慣の多くは、本当に早い時期に発達するものです」と、小児科医のマリア・タン(MD)は言います。 “だから、子供が良い睡眠習慣を持つことは、彼らの全体的な健康と幸福のために重要です。”

タング博士は、親ができる最大のことの1つは、規則的な就寝時間と睡眠習慣を保つことに一貫性があることだと言っています。

米国小児科学会によると、各年齢層における1日の推奨睡眠時間を知っておくことは重要です。

  • 新生児(0~3ヶ月):14~17時間
  • 乳児(4~11ヶ月)。 12~15時間
  • 幼児(1~2歳)11~14時間
  • 未就学児(3~5歳)10~13時間
  • 学童(6~13歳)9~11時間

あくびや目をこするなど子供が眠そうな気配をし始めるまで待つべきではありません。 その時点で、子どもは疲れすぎていて、負担がかかり始めている可能性があると、タン博士は言います。

まずは1日か2日、15分早く寝かせることから始め、その後、毎晩15分ずつ早めていくのです。

一度悪い睡眠習慣がついてしまったら、親はそれを元に戻そうとする忍耐力が必要です」と、Tang博士は言います。 「就寝時刻と起床時刻を変えるには、3週間ほどかかるでしょう。 そして、一貫していなければなりません”。

昼寝と寝室環境

昼寝の時間は、全体の睡眠時間に含めることができます。

また、寝室が睡眠に関連した場所であり、必ずしも遊び場でないことを確認しましょう。

絵本の読み聞かせや子守歌、電気を消すなど、夜の習慣を身につけましょう。

絵本の読み聞かせや子守唄、電気を消すなど、夜の習慣を身につけましょう。

週末は、通常の起床時刻を1時間以上過ぎないようにすることをお勧めします。

週末は、起床時間を1時間以上過ぎないようにしましょう。

「子どもが良い就寝時刻と起床時刻を学べるよう、特別に設計された目覚まし時計があります」とタン博士は言います。 「代わりに、普通の目覚まし時計を使い、時計が一定の時間(たとえば午前7時30分)になったらベッドを出てもよいことを説明します。

根本的な問題

子どもはそれぞれ異なり、睡眠習慣もさまざまです。 しかし、就寝時刻と起床時刻を根気よく変えてみても、お子さんに何の変化も見られない場合は、小児科医に診てもらうべき時かもしれません。

「夜中にいびきをかいていないか、呼吸に変化がないか、朝から眠くて学校の成績が悪くなっていないかなどを調べます」と、タン博士は言います。

良い睡眠習慣を身につけるには多くの時間がかかりますが、変えるのが遅すぎるということはないと、タン博士は述べています。

良い睡眠習慣を身につけるためには、就寝と朝の習慣を一定にすることが最も重要です。

そして、心配しすぎないでください-夜明けに目が覚めることは、通常、子供にとって永遠には続きません。

コメントする