I've been an embalmer for 14 years and see my share of bodies.

Jenn Park-Mustacchioは、葬儀屋とエンバーマーの免許を持ち、アメリカのニュージャージー州で働いています。 ペンシルバニア大学で人類学と人間生物学を学び、14年間葬儀業界に身を置いています。 さて、あなたは何を知りたいですか? 質問はコメントでどうぞ。

仕事の1日を教えてください。

一般的に、私の1日は誰かが死んだときに始まります。 私は貿易エンバーマーなので、亡くなった方の最初の電話や搬送を担当することはありません(以前は両方やったことがありますが)。 上司から電話があり、故人をお預かりしてすぐに葬儀社に到着し、エンバーミングを開始します。 ガウン、エプロン、靴カバー、手袋などの個人用保護具を身につけ、ご遺体の状態を確認し、どのように処置を行うかを決めます。 すべてのケースは異なり、特別な液体を必要とします(液体は故人の身長、体重、身体状況に応じて調合されます)。

目や口を閉じ、口に綿を入れて、より自然な表情になるように整えます。 次に、手足や指を軽く曲げて、死後硬直による筋肉の緊張やこわばりをほぐします。

通常、メスで右の鎖骨付近を小さく切開する。 そこから総頸動脈と内頸静脈を探します。 それぞれに小さな切開を加えます。 動脈に動脈チューブを入れる(一方は心臓に向け、他方は頭部に向ける)。 また、血液の排出を促すために、静脈にドレーンチューブ(角度付き鉗子)を留置する。 エンバーミングマシンに接続されたホースは、次に心臓に向けられた動脈管に接続されます。 そして、エンバーミングマシンを調整して、圧力(液の力)と流速(液の速さ)を調節します。 これらのツマミは、遺体にとって最適な注入速度になるよう、エンバーミング中に症例ごとに異なる調整が行われる。 機械のスイッチを入れると、液体がホースから動脈管を通って体内へ移動し始めます。

防腐液が動脈系に押し出されると、血液は頸静脈から押し出されます。

防腐液の排出と分配を促進するために、石鹸をつけたスポンジで身体を力強くマッサージします。 組織が固まり始め、バラ色になるのは、液が十分に行き渡り、防腐処理がうまくいったことを示す優れた証拠です。 その後、チューブを取り外し、静脈と動脈を縛り、切開部を縫合する。 次に、腔の処置が行われる。 トロッカーと呼ばれる器具で中空臓器から液体を吸引し、高指数(非常に強い)液体を腔内に入れ、トロッカーボタンと呼ばれる小さな円形のプラスチックのボタンのような器具で切開部を閉じます。 故人は再び洗われます。 髪を梳き、皮膚の脱水を防ぐために顔にクリームを塗ります。

一般的に、死後数日してから、棺に納められ、拝観されます。

※上記は「典型的な」エンバーミングの説明であり、次のエンバーミングの時間まで準備室を片付け、その場を離れる。

仕事中に起こった意外な出来事についてお聞かせください。 午前3時にエンバーミングに行ったとき、奇妙なささやき声が聞こえました。 私はすぐに電気を探して点灯させると、その音は使用中のストレッチャーから聞こえていることが分かりました。 中の人が生きているかもしれないと思い、用心して近づいた。 しかし、蓋を開けてみると、テープレコーダー(後で調べたら、お経が流れていた)があった。 翌日、ご遺族に伺ったところ、お亡くなりになった場所には、お坊さんがいて、魂が抜けるときにお経をあげてくれるのが理想的なのだそうです。 仏教では、死後混乱し怯えた状態にある魂を、お経を唱えることで落ち着かせるのだそうだ。 死者の魂が移行する困難な時期の間、食事とお経で安らぎを与えなければならないのです。

仕事で本当に楽しいと思うことは?

特に難しい案件が予想以上にうまくいったときや、ご家族が棺を開けることを決めたとき、また私の仕事を褒めてくれたときなどです。 一番うれしかったのは、娘さんを骨がんで亡くされた女性からいただいた言葉です。 彼女は私の手を取り、「ありがとう、彼女はとても美しく、立ち上がって踊ることができそうです」と言いました。 福利厚生はありますか?

アメリカの葬儀屋の年収の中央値は52,000ドル以上です(ニュージャージー州の年収は平均79,000ドル以上です)。 州によって規制は異なりますが、ここニュージャージーでは、私たちはエンバーマー/フューネラルディレクターであり、葬儀のすべての側面(ファーストコールから最後の処分まで)を扱う免許を持っています。

私はビジネスのすべての側面を行うライセンスを取得していますが、エンバーマーとして働いているのは、このビジネスの特定の側面を楽しみ、家族と過ごす時間を大幅に増やすことができるからです。 私のような貿易エンバーマーは、仕事によって報酬を得ます。 通常、私たちは複数の場所で仕事をし、エンバーミング、ドレッシング、キャスケット、コスメティック、修復の仕事をします。 貿易エンバーマーは、何カ所で働き、それらのカ所がどれだけ忙しいかによって、平均的な葬儀屋よりかなり多く稼ぐことができる可能性があります。

仕事でミスをしたことはありますか?

幸いなことに、大きな失敗をしたことはありません。 インターン時代には、自分のミスが亡くなった友人や恋人の悲しみに影響する可能性があることを強く意識し、超注意していました。そのため、難しいケースでどうすればいいか分からないときは、必ず先輩葬儀屋に相談していました。 知っている人はいますか? 教えてください。 A Day’s Workで取り上げるべき他の人についてのヒントや提案を [email protected] にメールしてください。

Qからのハイライト(ここまで)&A

Q:

友人や親族のために働いたことがありますか、または同僚にそれを頼みますか?

A:

祖母の準備を手伝い、いとこと高校時代の先生の一人にエンバーミングを施したことがあります。 そのため、このようなことが起こるのです。 しかし、私は自分の親にエンバーミングをしたエンバーマーを何人か知っています。 友人や大切な人の葬儀の準備をする人は、たいてい、生前の彼らをよく知っているからこそ、彼らの自然な姿を取り戻すために最善の仕事ができると思うからです。

Q:

人の顎を「ワイヤー」で閉じたり、目に「ベルクロ」コンタクトレンズを入れたり、頬に綿毛を詰めたりしなければならないというのは本当ですか。

A:

口を閉じるには、縫合するか、2つの小さな鋲(下顎と上顎に固定するもの)を顎に打ち付ける装置を使用することができます。 鋲にはワイヤーが入っていて、それをねじって口を閉じさせるのです。 リラックスすると口が開いたままになるため、ほとんどの場合、この方法がとられます。 また、頬のくぼみを埋めたり、歯がない、あるいは少ししかない人に歯の外観を与えるために綿を使用します。 目の下の器具は、実際にはギザギザのプラスチック製アイキャップであり、目を閉じた状態を維持するのに役立ちます。 私は見た目が好きではないので、使っていません。 目が萎んでしまった場合のまぶたの下は、通常コットンで十分です。 しかし、通常はまぶたの下に何かを使用する必要は全くありません。

Q:

私は墓地に住んで育ち、よく墓を掘ったり開いたりして手伝いました(私の父は墓掘り人でした)。 そのため、幽霊を全く信じず、死は自然の摂理であると静かに受け入れています。

Just wondered how you view the subject of ghosts and all the other cliches connected with graveyards?

A:

I feel much the same as you. I have yet to see anything that convinced me of the presence of ghosts. If they do exist, I’m sure they could think of better places to be than haunting me at the funeral home 😉

Q:

Thank you for the details of embalming. Respectful and professional.

I’m having second thoughts about being cremated now.

1. Is the body still a person or just a human body?

2. Does the dead person’s religion change the embalming routine?

Many thanks.

A:

Thank you so much.

In my humble opinion, the deceased is a vessel where life once existed.

ある宗教では、防腐処理を行いません(ユダヤ教とイスラム教がすぐに思い浮かびます)。

ある宗教では防腐処理をしません(ユダヤ教、イスラム教がすぐに思いつきます)。 そのため、血を抜くことは彼らの信念に反することになります。 彼らは、死者に覆いをかけたり、自然の松の木の箱に入れたりする、より「自然な」埋葬の考えを信奉している。

Q:

まるでクリスマスのようにガーディアンピックを配っていますが、早く質問を考えて!

私の実際の質問(せき、準備・・)

1- 現在の技術に追いつくにはどうすればよいですか?

2-暴力的な死に関わる技術について、詳しく教えてください。

3-上記に関連して、今まで見たものに本当に感動したことがありますか?

ありがとうございます

A:

あなたは確かにこの低俗な死神にたくさんの質問があるようです。

私たちはライセンス(2年ごとに更新が必要)を維持するために、継続教育クラスを受けなければなりません。

より激しい死は解剖を伴い、すべての手足と頭を別々に防腐処理する必要があります。 臓器も別々に処理され、エンバーミング後に空洞に戻されます。

私の人生に大きな影響を与えた事例がたくさんあります。 ボーイフレンドに撃たれた(その後、ボーイフレンドは自分に銃を向けた)20歳の若い女性の葬儀を担当した後、私は家庭内暴力の問題について非常に率直な意見を述べました。

最も困難な修復については。

最も困難な修復としては、頭蓋顔面癌の女性のために鼻を作ることでしょう。 このような場合、極端な苦痛を伴わずに見ることができるようにする必要があるのでしょうか?

A:

Embalming is not required by law (except in certain instance, and only in certain states).これは、法律で義務づけられていることではありません。 ここNJでは、州を越えて運ばれる場合のみ、エンバーミングが必要です。 エンバーミングによってもたらされる生前のような外観を好むため、鑑賞前にエンバーミングを行うことを選択する人もいる。 また、エンバーミングを施した後、ビューイングを行い、火葬される方もいらっしゃいます。 あくまでも家族の選択です。 私の知る限り、イギリスではエンバーミングは一般的ではありませんが、だからといって、葬儀屋が特徴を出さないというわけではありません。 このことを指しているのかもしれないと推測しています。

Q:

あなたは、肉体の死の後に何らかの意識が存在することを信じますか? (

素晴らしい記事/インタビュー、とても興味深いです。 私は自分自身を不可知論者と呼ぶと思います。

Q:

私は10年間葬儀屋でしたが、その職業に就こうと思ったのはスティーブンキングスのペットセメタリーの最初のページがきっかけです。

(未読の方のために説明すると、最初のページには、自分が見たもの、やったことを書いた人たち・・・歴史上の有名人のリストが載っています。 その下には、見たこと、やったことを書かなかった人たちのリストもあります。 彼らは、最初のロットを埋葬し、防腐処理をした葬儀屋であった。 このページの最後は、”死は謎だが、埋葬は秘密だ “で終わっています。 )

A:

Dom、とても興味深いです! My dad tried to buy a funeral home when I was 12 and they wouldn’t sell it to him because he wasn’t licensed. I told him not to worry, because I’d be a mortician when I grew up and we could buy a funeral home together. My father has always had an interest in the death care industry and the afterlife and I guess it rubbed off on me as a small child.

Thank you for your contribution!

Q:

Have you ever considered surreptitiously stealing body parts, moving to a gothic German castle, then sewing them together and animating your creation by pulling a huge switch during a lightning storm while laughing maniacally?

A:

My son’s name is Victor (after Mary Shelley’s Victor Frankenstein). So the answer is, of course 😉

Q:

Do you ever arrange the bodies in amusing poses?

A:

I definitely have not, but my dad requested he be displayed face down in his casket so all the people he didn’t like could kiss his behind!

Q:

Was Six Feet Under an accurate portrayal of your profession?

A:

It was one of my favorite shows! The prep room and embalming equipment were accurate depictions. Some of the restorative methods they used were very imaginative, but not at all accurate. It’s been quite some time since I’ve seen it, so if have to give it a review to point out specifics.

Q:

Is embalming just for the pre-burial (or -cremation) viewing? Is that commonplace in the US? (

エンバーミングの化学物質が環境に与える影響についてどう思われますか?

誰かが重傷を負った場合、どの程度の再建手術を行うのでしょうか。また、どのような場合に誰かを見て「いいえ」と言うのでしょうか。

パーク・ムスタキオ?

A:

素晴らしい質問ですね!

Park-Mustacchio?

エンバーミングは通常、一般公開の後に埋葬(または火葬)がある場合に選択されます。 最後に確認したところ、アメリカでの火葬率は約 40% でした (そして、このオプションを選択する人の多くはエンバーミングを行いません)。

葬儀業界は、ホルムアルデヒド ベースの液体をやめ、グルタルアルデヒド ベースの液体 (これは「環境に優しい」エンバーミング オプションと考えられています) を使用するようになりつつあります。 Glutaraldehyde is also used to sterilize medical equipment in certain corcumstances and is far less toxic than formaldehyde.

I will always attempt reconstruction if the family requests it, but I would advise against viewing if I didn’t feel like my attempt was presentable. Sometimes anything is better than the last memory a person was left with. If someone who died tragically was found by their loved one, it is my job to try my best to restore the appearance and give that loved one a more pleasant memory than the one they were left with.

Q:

If a man dies and he didn’t shave that day, do you shave him?

A:

{{#ticker}}

{{topLeft}}

{{bottomLeft}}

{{topRight}}

{{bottomRight}}

{{#goalExceededMarkerPercentage}}

{{/goalExceededMarkerPercentage}}

{{/ticker}}

{{heading}}

{{#paragraphs}}

{{.}}

{{/paragraphs}}{{highlightedText}}

{{#cta}}{{text}}{{/cta}}
Remind me in May

Accepted payment methods: Visa, Mastercard, American Express and PayPal

We will be in touch to remind you to contribute. Look out for a message in your inbox in May 2021. If you have any questions about contributing, please contact us.

コメントする