Northfield Bank Raid

1876年9月7日、James-Youngger一味がFirst National Bankを襲うつもりでノースフィールドに乗り込んだとき、彼らは地元市民からどんなトラブルが起こるとも思っていませんでした。

ジェームス-ヤンガー一味はミズーリ州出身でした。

ジェームス・ヤンガー一味はミズーリ出身で、10年間地元で強盗を働いた後、誰も期待しないような場所に行くことを決意しました。 ヤンガー兄弟(コール、ジム、ボブ)は、マクレランド「クレル」ミラーとチャーリー・ピッツと同様に、ミネソタに旅立ちました。 証明はされていませんが、ジェシーとフランク・ジェームズは、その後の犯罪に参加したと一般的に受け止められています。 8人目の男は、ビル・チャドウェルと思われ、当局は当初、ビル・スタイルズというミネソタ人の男と間違えていました。

一味は9月7日午後2時、ノースフィールドに乗り込みました。 フランク、チャーリー、ボブはファースト・ナショナル銀行に入り、コールとクレルは強盗中に町の人が入ってこないように、銀行のドアの外に位置しました。 一方、ジェシー、ジム、ビルはギャングの逃走経路を守るためにミル・スクエアで待機していました。

40歳になる地元の男性、J.S.アレンが見知らぬ人たちに気づきました。

40歳の地元の男、J.S.アレンは見知らぬ男たちに気づき、彼らが銀行内で何をしているのか一目見ようと、銀行に向かって歩き出した。 クレルはアレンに銃を突きつけ、「静かにしろ」と言った。 アレンは驚いて逃げ出し、「お前たち、銃を持て!」と叫んだという。

一味の正体がばれたので、一行は通りを縦横に走り回り、戸口でピストルを撃ち、混乱した見物人に中に入るように警告しました。 医学生のヘンリー・ウィーラーは銃を手に、近くのダンピアホテルの3階の窓まで走りました。 そこから慎重に狙いを定めてクレル・ミラーを撃ったが、彼は馬から落ちて死んだ。 通りの反対側では、金物屋の主人アンセルム・マニングが、角を曲がって忍び寄り、ビル・チャドウェルを致命的に撃ちました。

ニコラウス・グスタフソンはスウェーデンから移住してきたばかりで、強盗の命令も理解できず、銃撃戦に巻き込まれ、頭を撃たれた。 彼は数日後に死亡しました。

2人のギャングが死に、さらに多くの町民が銃を撃ったり石を投げたりする中、コールは銀行にいる強盗に急ぐように叫びました。

2人のギャングが死に、町の人々も銃撃や投石をしている中、コールは銀行にいる強盗に急ぐよう叫びました。しかし、銀行の中でも外同様、状況は悪くなっていました。

強盗団はピストルを構えて銀行内に侵入し、3人の従業員のうち誰が出納係なのか知りたがっていたのです。 出納係は外出中だったので、誰も答えられませんでした。 苛立ったフランクは、帳簿係のジョセフ・リー・ヘイウッドを捕まえ、金庫を開けるように要求した。 ヘイウッドは、「タイマーでロックされているので開けられない」と答えた。 彼は、営業時間中は鍵が開いているが、ロックされているように見えるようにボルトが固定されているのだと嘘をつきました。

フランクはヘイウッドの頭上に発砲し、彼を脅して協力させようとしました。

混乱の中で逃げる機会を得た銀行の出納係のアロンゾ・バンカーは、裏口へ向かって走り出しました。 チャーリー・ピッツは彼の肩を撃ったが、バンカーは医務室に着くまで走り続けた。

通りからコールの必死の叫びを聞き、ボブとチャーリーはカウンターにあった小銭を握りしめて外に出た。

失敗を悔やんだフランクは引き返し、ヘイウッドの頭を撃って即死させた。

ノースフィールドに乗り込んだわずか数分後、生き残った無法者たちは町から退却しました。

ノースフィールドに乗り込んだわずか数分後、生き残った無法者たちは町から撤退し、2人の死者と銀行に眠る1万5千ドルを残して去っていきました。 2週間にわたり、何百人ものボランティアがミネソタ州南部をくまなく捜索し、当時としては米国史上最大の捜索となりました。

9月20日、ワトンワン郡の保安官と5人の地元ボランティアが、マデリアの近くでヤング夫妻とチャーリー・ピッツを発見しました。 ピッツは対決の末に死亡し、ヤンガー兄弟はスティルウォーター州立刑務所で終身刑を言い渡されました。 ジェシーとフランク・ジェームズは逃亡に成功し、残りの人生において、ミネソタにいたことを否定しました

コメントする