Oral Tumors in Dogs

Print Friendly, PDF  Email

Find a Vet Specialist

Overview

Dogs and cats are frequently diagnosed with tumors of the oral cavity. This diverse group of cancers includes growths along the:

  • Gingiva (gum)
  • Lips
  • Tongue
  • Tonsils
  • Bone and cartilage of the upper and lower jaws
  • Structural components holding the teeth in place

Signs & Symptoms

Some pets are diagnosed with oral tumors incidentally, meaning a growth is detected without the animal showing any clinical signs. Some owners may visualize a mass in their pet’s mouth while they are panting or yawning. また、仰向けになって口を開け、舌が下顎から離れるような姿勢で寝ているときに、問題を発見する飼い主さんもいます。 口腔腫瘍は、歯のクリーニングや麻酔をかけたときに発見されることもあります。

口腔内腫瘍は通常、患者に重大な臨床症状を引き起こす比較的進行した病期で診断される。 これには以下が含まれます。

  • よだれ(出血の証拠があってもなくても)
  • 口臭(bad breath)
  • 食事や飲酒が難しい
  • 顔面(顔面)
  • 。 腫脹

  • 口腔痛の徴候 (口を動かす、口を繰り返し開ける/閉じる)

口腔腫瘍は非常に局所的な侵襲性で、発生部位に直接大きな損傷を与えるということです。 歯肉腫瘍は、その下にある骨に侵入し、顎骨の破壊や関連する歯の支持の喪失を引き起こす可能性があります。 口腔内の腫瘍の中には、体内の遠隔部位に転移しやすいものがあります。 例えば、口腔内の黒色腫は、リンパ系を介して頭頸部のリンパ節に転移したり、血流を介して肺に転移したりする可能性が高いのに対して、線維肉腫はほとんど転移しません。 猫では、何よりも扁平上皮癌が最も多い腫瘍です。 口腔内腫瘍の診断には、患部病変の生検を行い、由来する組織を特定する必要があります。 細針吸引も可能ですが、鎮静剤や麻酔を必要とすることが多く、確定診断ができないことがあるため、外科的生検を選択することが望ましい方法です。 生検は、腫瘤全体を摘出し、病理組織学的検査を行う切除生検とすることができる。 または、組織の小片を採取する切開法もある。 口腔腫瘍の多くは顎骨や顔面骨に浸潤しており、切除生検で完全に取り除くことは困難であるため、多くの場合、最初の段階として切開生検を推奨しています。 これにより、最終的な手術の適切な計画を立てることができます。

治療& アフターケア

ペットの口腔腫瘍に対する治療は、可能であれば外科的切除が選択されます。 手術の可否は、以下のようないくつかの要因によって決まります。

  • 腫瘍のサイズ
  • 患者のサイズ
  • 特定の場所
  • 特定の場所
  • 口腔内
  • 基礎組織への浸潤の程度
  • 手術が行われる場合。 生検の結果、提出された組織の端にがん細胞がない場合、腫瘍医はそのような腫瘍を「適切な局所制御」であると見なします。 もし、報告書に腫瘍の切り口付近にがん細胞があれば、腫瘍の再成長の可能性があるので、追加の局所制御を行うことが推奨されます。 一般的に、この追加のコントロールには放射線療法が含まれます。

    手術後に放射線療法を行う場合、獣医の腫瘍学者は、数週間にわたって毎日14~20回の治療を行うよう処方します。 この放射線療法は、照射部位に周囲の健康な組織が取り込まれるため、一時的とはいえ、ペットに重大な副作用をもたらすことがあります。 口腔内の放射線治療による副作用には、口腔組織の潰瘍化、照射野内の皮膚や被毛の脱落などがあります。 これらの部位に副作用が生じると、および/または腫瘍が放射線によって破壊されると、悪臭が発生することがあります。 これは通常、一時的なもので、時間の経過とともに減少します。

    化学療法は、犬および猫の口腔癌の治療にさまざまな効果があります。 残念ながら、最も一般的な口腔内腫瘍は、この治療法に対して例外的に抵抗性を示す傾向があります。 つまり、大きさや位置の問題で外科的に切除できない腫瘍がある場合、選択肢は限られます。

    予後

    口腔腫瘍の予後は、診断によって異なります。 口腔メラノーマと診断された犬の予後は、腫瘍の大きさ、部位、転移の有無、腫瘍自体の分子マーカーによって異なります。 口腔内の吻側(最前部)に位置する小型で高分化型の腫瘍は、最も良好な予後を示し、外科的完全切除により治癒する可能性があります。 大きな腫瘍は予後が短く(例:6~12ヶ月)、転移性腫瘍は予後が最も不安定です(< 6ヶ月)。 口腔扁平上皮癌の犬の予後は、口腔内の部位によって異なります。

    歯肉にできた腫瘍は、完全に切除すれば治りますが、その下にある骨の切除が必要になることも少なくありません。 扁桃腺にできた腫瘍は転移率が高く、予後はあまりよくありません。 口腔線維肉腫の犬の予後は、手術により通常10~12ヶ月です。 猫の口腔扁平上皮癌の予後は、一般に不良です。 腫瘍は診断時に切除できない傾向があり、放射線療法や化学療法などの他の治療法への反応性も低く、猫は診断後数週間から数ヶ月しか生存できないのが一般的である。

    予防

    ペットの口腔がんを予防するための証明された方法はありません。 しかし、病気の早期発見ができれば、長期生存の可能性が高まります。 月に一度、ペットの口の中を観察することで、臨床症状を引き起こす前に口腔腫瘍を診断することができるかもしれません。

    徹底的な口腔検査は、犬や猫の定期的な健康診断の一部であるべきです。

    徹底的な口腔検査は、犬や猫の定期的な健康診断の一部であるべきです。獣医師も、患者の口の中をうまく覗き込むことに苦労しています。 しかし、一般的に、私たちはこのプロセスについてより経験があり、また、何を見るべきか、何が問題なのかについて、より多くのアイデアを持っています。 疑わしい場合は、口腔内検査を容易にするために鎮静剤を少し投与することは、一般的に非常に安全です。

    口腔内腫瘍を持つ動物には、いくつかの臨床試験と多くの進行中の研究調査があります。 獣医の腫瘍学者は、この種の癌に関するさらなる情報を探している飼い主にとって、特にペットの新しい治療法への適格性を判断することに関して、最良の参照先となります。 飼い主は、獣医外科腫瘍学会のウェブサイトで、口腔腫瘍、その診断、および外科治療の選択肢に関する追加情報を見つけることができます。

    ファクトシートの著者:

    Joanne Intile、DVM、Diplomate ACVIM (Oncology)

    このファクトシートの著者:

    Joanne Intileは、獣医外科腫瘍学会のウェブサイトで、口腔腫瘍の診断および外科治療の選択肢に関する追加情報を見つけることができます。

    コメントする