Redefining the Problem of Racial Inequality

この論文では、社会問題である人種的不平等の定義の変化と、その問題を改善するための公共政策の関係を、アラバマ州モービルのケースに焦点を当てながら検証しています。 調査データによると、1980年代のモービル市では、黒人が一般的に白人よりも良いものを得られない理由について、「黒人は十分に努力していない」という一つの有力な見解に落ち着き始め、白人差別や歴史的虐待の残滓といった他の説明への支持が低下していった。 この時期、モービル市民は、人種問題の新たな定義と一致するように、学校差別撤廃のためのバス利用に対する見方を変えていった。 人種とバスに対する市民の見解の急激な変化は、モービルの人種状況の客観的な尺度や、これらのテーマに関するメディアの報道では説明できないものであった。 その代わりに、この変化は、全国的および地域的な保守的活動家たちが、マスメディアを通じて間接的に、また直接対面して人々の間で行った収束的な社会構築だったのである

コメントする