Strep steps up in urinary tract infections

研究により、B群レンサ球菌 (GBS) の病原性株は、尿路感染症の原因として十分に認識されていないことが示唆されました。

この細菌は、妊婦の感染症の原因としてよく知られており、その後、早産や新生児への感染のリスクがあり、しばしば悲惨な結果をもたらします。

グリフィス健康医学研究所の微生物学者グレン・ユーレット博士は、GBS の病原菌は、尿路感染症の発症の最初の段階として、人間の膀胱細胞の表面に結合することが示された、と述べています。

「感染した細胞はその形態を変え、身体の免疫システムを活性化する炎症性サイトカインであるインターロイキンを大量に分泌するようです」

彼は、GBS感染に関連するインターロイキンレベルは、尿路感染症の90%の原因である大腸菌のそれよりも著しく高かったと述べました。 この研究結果は、Journal of Infectious Diseasesに掲載されました。

「GBSが大腸菌よりも炎症を引き起こすという事実は、我々が予想したことと全く逆で、GBS尿路感染が独特で、一般よりも低い細菌数で病気を引き起こすかもしれないという考えを支持しています」と、Ulett博士は述べています。

博士は、GBSは健康な女性の約40%において生殖器管の正常な微生物叢の一部であるため、尿サンプル中の細菌の分離は、病気の指標となる可能性というよりも、サンプルの汚染に起因することが多いと述べました。

「GBS感染の危険因子が明確に定義されていないこと、この菌の有病率が高いこと、診断が困難なことから、おそらく私たちはこの菌を尿路感染症の原因として見過ごしているのです」

ユーレット博士は、クイーンズランド大学ウエストミード病院とアラバマ大学の共同で昨年発表した34000人以上の患者の臨床研究から、非型別GBS血清型はこれまで考えられていたほど尿路感染症と関連がないことがわかったと述べました。

重要なのは、GBSの血清型IIIが、他の血清型と比較して、尿路感染症によりよく関連する唯一の血清型であることを示したことです。 このことは、ワクチン開発の潜在的なターゲットについて、より良い理解を与えてくれます。”

彼は、GBS尿路感染から女性を守るためのワクチンはそれ自体では優先されないかもしれないが、母親のワクチン接種によって新生児を劇症型GBS感染から守る必要性から、スピンオフの利益となるかもしれないと述べています

##

Journal of Infectious Diseases 2010; 201:866-70.
Journal of Clinical Microbiology 2009; 47(7):2055-2060.

問い合わせ先: (C)PIXTA (株) Mardi Chapman
[email protected]
+61 (0) 7 5552 9089, 0408727706
Griffith University

Griffith Universityのホームページはこちらです。

コメントする