TSHの変動はどのような原因で起こるのですか?

Prof Dinesh Dhanwal
Prof of Medicine and Head of Endocrinology,
Maulana Azad Medical College,
New Delhi

Q:ウイルス性甲状腺炎では、TSHが高甲状腺から低甲状腺に変動する原因は何ですか? この変動期間中に治療を開始すべきでしょうか、それとも基準値に達するか安定するまで待つことが推奨されるでしょうか? これらの検査結果はやがて安定したり、正常な範囲に戻ったりするのでしょうか? もしそうなら、通常どれくらいの時間がかかるのでしょうか? また、抗体が非常に高くなっていますが、この値も変動しますか? これらの検査結果は安定するのでしょうか、それとも時間の経過とともに正常な範囲に戻るのでしょうか? もしそうなら、一般的にどれくらいの時間がかかるのでしょうか。

A:まず、甲状腺中毒症と甲状腺機能亢進症の違いについて説明します。 甲状腺中毒症は、甲状腺機能低下症の患者におけるL-サイロキシンの過剰投与など、何らかの原因で甲状腺ホルモンが過剰になっている患者に対して使われる広い用語です。 甲状腺機能亢進症では、甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が増加し、甲状腺の機能が亢進していることが原因です。 甲状腺炎では、甲状腺からあらかじめ作られた甲状腺ホルモンが放出されます。 この2つの状態は、放射性ヨウ素の取り込み検査で区別することができます。 甲状腺炎では取り込み量が少なく、甲状腺機能亢進症では取り込み量が多くなります。 甲状腺炎では、最初患者はTSHが低く、その後甲状腺ホルモンが正常になるか、または患者が甲状腺機能低下症になるかのどちらかである。 抗TPOが高いということは、自己免疫力が高いということであり、甲状腺機能低下症であれば、生涯にわたって薬が必要である。 抗TPO陽性患者の変動は、通常サイロキシンによる治療が原因であり、適切に治療すれば落ち着くはずです。

コメントする