Wall Street at 30: Is greed still good?

12月11日はOliver Stone監督の暗い雰囲気の「ウォール街」から30周年にあたります。

ウォール街の有名なキャラクターであるゴードン・ゲッコーは、「…欲は、言葉は悪いが、良いものだ」というマントラで一躍有名になりました。 欲は正しい。

80年代はこの「強欲」精神と同義でした。映画が公開された同じ年に出版されたトム・ウルフの『虚栄の篝火』も、過剰とエゴのテーマを探求しました。

11月にアメリカが史上最高の株式市場を得たことを自慢したドナルド・トランプについて考えると、月光は妙に先見の明がある人物に見えます。

『ウォール街』は、1987年のブラックマンデーによる株価暴落のわずか2カ月後に公開されました。

この映画は、野心的な若手株式ブローカーのバド・フォックス(チャーリー・シーン)が、彼が憧れるゲッコーのようになりたいと願う姿を描いています。 しかし、ゲッコーがより無節操で欺瞞的になるにつれ、バドは業界に幻滅し、かつての師を裏切り、インサイダー取引で刑務所に入ることになるのです。

しかし、ゲッコーの転落は、ウォール街の有害な文化についてのメッセージとしては明白でしたが、この映画は逆に、新しい世代の株式仲買人を鼓舞する効果をもたらしました。

冷酷なゲッコーは、映画の悪役であるにもかかわらず、「パワーサスペンダー、ポマードヘア、無慈悲なマチズモ」という文化的ヒーローのような存在になった、とスレイトのジェシカ・ウィンターは書いています。

実際、ニューズウィークが1988年の創刊号で「80年代は終わった」と早々に宣言したのに対し、ニューヨーカーのカート・アンダーセンは1997年に「80年代は終わらなかったのかもしれない」と提言しています。 2011年までに、富裕層と99%の間の不一致に対する寛容さは、ウォール街を占拠せよ運動によって転機を迎えました。

しかし、トランプ氏の当選は、彼らの努力をやや損なわせることになったのです。 「超富裕層」トランプは、「民主主義の金権腐敗に反対して街頭に出たとき、何百万人もの占拠者が夢見ていたものではない」とMicah Whiteは主張します。

1987年には強欲がよかったかもしれませんが、2017年には有害なレベルに達しています。 実際、ジャーナリストのリチャード・エスコウはこう述べています。

11月、リークされたパラダイス文書により、世界のエリートがどの程度納税を回避しているかが明らかにされました。

11月、流出したパラダイス・ペーパーは、世界のエリートがどの程度納税を免れているかを明らかにしました。以前のパナマ文書と同様、パラダイス・ペーパーは、超富裕層のシステムレベルの強欲さを示しています。 ボノ、女王、ニコール・キッドマン、そしてトランプの商務長官で億万長者のウィルバー・ロスは、このスキャンダルの中心にいる多くの人々の一人である。

実際、過去50年間に富は拡大しましたが、均等に拡大したわけではありません。 下層階級の賃金停滞とハイテク億万長者の台頭は、世界規模での不平等を拡大させる一因となりました。 1987年以降、オーストラリアとアメリカの両方で不平等が著しく悪化しました。

『ウォール街』と同じ年にフォーブスが最初の億万長者リストを発表したとき、オーストラリアには2人の億万長者がいました。 フォーブスの「オーストラリアの富豪50人」によると、2017年現在、オーストラリアに住む億万長者は39人です。

金利操作に関する談合や、オーストラリアの大手銀行による金融・道徳上の不正の事例も、オーストラリアのこの強欲文化の程度を表しています。 新しい研究では、世界の富裕層1%が世界の富の半分を所有するようになったことが確認されています。

訓話

オリバー・ストーンは2015年に、ウォール街文化は80年代よりも今日の方が「恐ろしく悪い」と主張しています。 ストーンはまた、成功した実業家が頻繁に雑誌の表紙に登場する、アメリカの拝金文化を批判しています。

トランプの台頭は、確かにアメリカのこの富裕層崇拝を例証しています。 そして2014年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、金融腐敗の犠牲者を無視しながら、このライフスタイルをさらに美化することに他なりません。

The Conversation

オリジナルの『ウォール街』は訓話のようなものでしたが、結局聞き入れられなかったものでした。 しかし、この映画は、30年経った今、より重要な意味をもっています。

シボーン・ライオンズ(マッコーリー大学メディア・文化研究者)

この記事はもともとThe Conversationに掲載されたものです。 元の記事を読む

この記事はThe Conversationに掲載されたものです。

コメントする