Want to Get a Good Night’s Sleep? Don’t Paint Your Bedroom Beige

Here’s what hues you should consider instead.

Marisa Spyker

Want to Get a Good Night's Sleep? Don't Paint Your Bedroom Beige's Sleep? Don't Paint Your Bedroom Beige

In the design world, the color beige is about as basic as it gets. The ubiquitous neutral is a go-to hue for many homeowners in the living room and beyond—and for good reason. It pairs well with just about any color and style, and can transition with the trends through multiple generations.

But while beige may have a reputation as a use-it-anywhere hue, a new study suggests there’s one room in the home where you might want to reconsider.

このサイトは最近、1,000人以上のホームオーナーを対象に、睡眠習慣や家具のレイアウトから塗装色まで含めた寝室の美観に関する調査を実施しました。

その結果、寝室の壁を特定の色で塗った人は、他の色で塗った人よりも平均してよく眠れると報告されていることがわかりました。

ベージュは、その汎用性のおかげで普遍的に魅力的な寝室の色合いですが(回答者にとって2番目に可能性の高い壁の色でした)、驚くことに、最も睡眠の悪い人の一部と関連していました。

では、どのような寝室の色合いがよりよい睡眠を促進するのでしょうか。 このデータによると、居眠りに適した色合いは、ROYGBIVスケールに沿って落ちる傾向があり、最もよく眠れる回答者は、ブルーとパープルのベッドルームをスポーツしています。 色彩心理学に注目すると、これはとても理にかなっています。 青は自然とのつながりから、落ち着きと静寂の感情を呼び起こすのです。 また、安定と秩序を思い起こさせ、寝る前のストレスから解放してくれる心強い色です。

しかし、色は安らかな雰囲気を作るための重要な要素ですが、より良い睡眠に貢献できるのは、寝室の特徴だけではありません。 例えば、毎朝ベッドメイキングをする人は、その夜よく眠れる可能性が高くなります。 Bedroom cleanliness is also an important factor, with nearly three-quarters of tidy warriors typically sleeping well (in contrast, just 50 percent of those with messy bedrooms report the same).

Ready to revamp your room in the name of better sleep? Check out 33 of our favorite blue bedrooms as inspiration.

All Topics in Color Palettes & Paint

Sign Up for our Newsletter

Sign up for free recipes, décor ideas & special offers

コメントする